PR
スポンサーリンク

《ゼノ・メテオロス》遊戯王OCGカード考察 ランク6やレベル12シンクロが簡単に出せちゃう!

スポンサーリンク

今回紹介するのは3月18日発売の

デッキビルドパック ワイルド・サバイバーズ にて収録されるこのカードです。

 

カード説明

ゼノ・メテオロス
チューナー・効果モンスター
星6/炎属性/恐竜族/攻2000/守 200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:カードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドの恐竜族モンスター1体を選んで破壊する。
その後、手札・デッキから恐竜族の通常モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで
自分はドラゴン族・恐竜族・海竜族・幻竜族のモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

wiki

 

炎属性恐竜族のレベル6チューナーです。

 

噴火する火山を背景にマグマのような模様をした恐竜です。

顔や背中、尻尾の一部が金属かしておりそこから炎が噴き出ています。

火山の力を取り込んだ恐竜なのかもしれません。

 

カード名は異物や地球外のものを意味する「ゼノ」+流星や隕石を意味する「メテオ」、

そしてティラノサウルス上科の最古の恐竜である「モロス」からだと思われます。

 

スポンサーリンク

 

デッキから恐竜族通常モンスターを特殊召喚

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:カードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、場のカードが戦闘破壊や効果された場合に

自身を手札から特殊召喚する自己展開効果です。

破壊するカードは自分、相手のカードどちらでもよく

恐竜族の基本戦術である手札の自分カードを破壊して条件を満たせるほかに

サンダーボルトなどの除去手段ををトリガーにする事もできます。

適当なモンスターを自爆特攻させてもいいでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドの恐竜族モンスター1体を選んで破壊する。
その後、手札・デッキから恐竜族の通常モンスター1体を特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、

自分の手札やフィールドの恐竜族を破壊する事で

手札やデッキから恐竜族通常モンスターを特殊召喚できるというものです。

手札からベビケラサウルスやプチラノドンといった破壊トリガー持ちを破壊しつつ

デッキからも恐竜族通常モンスターを特殊召喚可能であり

フロストザウルスのようなレベル6の通常モンスターを特殊召喚する事で

超越竜グレイスザウルスのシンクロ召喚や超越竜ドリルグナトゥスのエクシーズ召喚へ繋げられます。

 

この効果の発動後、ターン終了時まで
自分はドラゴン族・恐竜族・海竜族・幻竜族のモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

制約として効果を発動したターンは

ドラゴン族、恐竜族、海竜族、幻竜族のいずれかしかエクストラデッキから特殊召喚できなくなります。

この手の制約としては自身の種族だけでなく竜系統の他の種族も出せるのがポイントであり

エヴォルカイザー・ラーズやエヴォルカイザー・ソルデなどにも繋げられます。

 

 

【超越竜】にとって起点となる存在であり

まずこのカードを出してその効果で恐竜族通常モンスターを並べて

そこからレベル12シンクロやランク6エクシーズ、

もしくはグラウンド・ゼノの効果で超越竜ギガントザウラーに繋げるというのが

基本の動きとなってきます。

そのグラウンド・ゼノとはとても相性がよく

このカードをサーチしつつ手札かららベビケラサウルスなどを破壊しつつ

このカードの特殊召喚へと繋げられます。

化石調査でもサーチが出来るので初手に確保するのは難しくないでしょう。

 

 

丁度このカードの後にも恐竜族向けのカードが出てきているあたり

12期は恐竜族の時代がやってきていますね。

コメント