PR
スポンサーリンク

【超越竜】遊戯王OCGテーマ考察 恐竜族新テーマというか既存恐竜族をさらに強化していく恐竜族汎用テーマ!

スポンサーリンク

メガザウラー、ランスフォリンクス、フロストザウルス。

そんな今まで登場した恐竜族モンスターが進化して

デッキビルドパック ワイルド・サバイバーズ にやってきました。

今回はそんな進化した恐竜族テーマ【超越竜(ちょうえつりゅう)】について紹介したいと思います。

 

テーマ特徴

テーマの特徴を挙げると以下の通りです。

・既存の恐竜族モンスターが進化したテーマである

・恐竜族のテーマであり様々な召喚法を駆使していく

・恐竜族の通常モンスターを積極的に活用し、手札の恐竜族も破壊していく

・手札から恐竜族を破壊する効果が多く、破壊トリガーを持つ恐竜族を活かしやすい

・これが俺たちの、最後の進化だ!

 

新規カードであるゼノ・メテオロスの進化形である超越竜メテオロスをはじめ、

メガザウラーの進化形である超越竜ギガントザウラー、

フロストザウルスの進化形である超越竜グレイスザウルス、

ランスフォリンクスの進化形である超越竜ドリルグナトゥスと

超越竜とは既存の恐竜族モンスターが進化を遂げた存在である事が伺えます。

ゼノ・メテオロス以外の進化元はいずれもレベル6通常モンスターであり

テーマの特徴としても通常モンスターを積極的に扱っていく事から

主にレベル6の恐竜族通常モンスターが進化の対象となるのでしょう。

そのうちファイヤーオパールヘッドや剣竜も超越竜になるかもしれませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

手札から破壊しまくって展開する

まず起点となるのはレベル6の恐竜族チューナーであるゼノ・メテオロスの存在です。

このカードは他のカードが戦闘破壊や効果破壊された場合に特殊召喚が可能であり

プチラノドンやベビケラザウルスを破壊する流れで自己展開ができます。

グラウンド・ゼノはこのカードのサーチと手札の恐竜族の破壊を同時に行えるので

展開の起点としてピッタリです。

そしてこのカードもまた手札やフィールドの恐竜族を破壊する事で

デッキや手札から恐竜族通常モンスターを特殊召喚可能です。

特殊召喚する恐竜族はシンクロ召喚やエクシーズ召喚に繋げる事を考えると

同じくレベル6のモンスターが望ましく、

実際にそれを想定するかのようにフロストザウルスが一緒のパックに収録されています。

こうしてゼノ・メテオロスとレベル6の恐竜族通常モンスターを一緒に並べて

超越竜グレイスザウルスのシンクロ召喚や超越竜ドリルグナトゥスのエクシーズ召喚、

あるいはグラウンド・ゼノの効果で超越竜ギガントザウラーを融合召喚するというのが

【超越竜】における基本的な動きとなります。

 

 

上記のように起点となるサーチカードであるグラウンド・ゼノも

ゼノ・メテオロス本体もとにかく手札の恐竜族を破壊しまくります。

プチラノドンやベビケラザウルスのように

破壊する事がメリットとなる恐竜族の併用は半ば必須となってくるでしょう。

逆に言えばこれらを手札から破壊する手段には事欠かず最大限に活用していく事ができます。

 

大型モンスターがずらりと並ぶ

超越竜の名を冠するモンスターはいずれも破壊された場合に

墓地の恐竜族通常モンスターをデッキに戻す事で自己蘇生が可能となっています。

これに加えて超越竜グレイスザウルスと超越竜ギガントザウラーは

墓地から特殊召喚する事で本領を発揮できるようになっています。

攻撃力も全体的に高いので疑似的な破壊耐性を持っている感じで

強気に攻めていく事が可能です。

破壊以外の除去には弱いものの、自分で破壊しても効果の発動ができるので

除外やバウンスをされるぐらいなら自分から破壊してしまってもいいでしょう。

 

 

攻撃力3000を超える大型のモンスターを積極的に展開していく事ができ

相手の動きを妨害していくというよりは力でゴリ押すのが得意なテーマとなっています。

既存の恐竜族用カードのサポートを受けられるのは勿論の事、

今度発売されるDUELIST NEXUS(デュエリスト・ネクサス)においても

エヴォルカイザー・ラーズをはじめ相性のいいカードが登場しています。

まさに恐竜族の時代を幕開けするテーマだと言えるでしょう。

 

個人的に相性がいいと思うカード

スクラップ・ラプター

チューナー・効果モンスター
星4/地属性/恐竜族/攻1400/守1000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに「スクラップ」モンスター1体を召喚できる。
②:このカードが「スクラップ」カードの効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「スクラップ・ファクトリー」1枚または
チューナー以外の「スクラップ」モンスター1体を手札に加える。

自分の場のモンスター1体を破壊しつつ自身を破壊すれば

召喚権追加とサーチが行えるスクラップの恐竜族です。

恐竜族チューナーの1体でありゼノ・メテオロスとグラウンド・ゼノを共有する事が可能であり

かついざという時には自分の場の超越竜を破壊して能動的に効果を破壊可能です。

ぶっちゃけ超越竜と相性のいいカードというのは大体がイコールで恐竜族全般に採用できるカードですが

このカードもその例には漏れませんがその中でもかみ合わせがいい1枚です。

 

 

アルティマヤ・ツィオルキン

シンクロ・効果モンスター
星0/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守 0
ルール上、このカードのレベルは12として扱う。
このカードはS召喚できず、自分フィールドの表側表示のレベル5以上で同じレベルの、
チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、自分フィールドに魔法・罠カードがセットされた時に発動できる。
「パワー・ツール」Sモンスターまたは
レベル7・8のドラゴン族Sモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。
②:フィールドのこのカードは、他の自分のSモンスターが存在する限り、
攻撃対象及び、効果の対象にならない。

レベル5以上の同じレベルのチューナーとチューナー以外を並べる事で特殊召喚できるカードです。

ゼノ・メテオロスは効果を発動するとエクストラデッキから出せる種族に制約が発生しますが

このカードはドラゴン族なので制約上でも出す事が可能です。

このカードから様々なドラゴン族シンクロに繋げる事が可能であり

クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンあたりはテーマに乏しい妨害能力を補えるでしょう。

 

スポンサーリンク

カードリスト

ゼノ・メテオロス
チューナー・効果モンスター
星6/炎属性/恐竜族/攻2000/守 200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:カードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドの恐竜族モンスター1体を選んで破壊する。
その後、手札・デッキから恐竜族の通常モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで
自分はドラゴン族・恐竜族・海竜族・幻竜族のモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

wiki

 

超越竜メテオロス
特殊召喚・効果モンスター
星12/炎属性/恐竜族/攻3500/守 700
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手ターンに発動できる。
このカード以外の自分の手札・フィールドの恐竜族モンスター2体を選んで破壊し、
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから恐竜族モンスター1体を墓地へ送る。
③:このカードが破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から通常モンスター1体を選んでデッキに戻す。
その後、このカードを特殊召喚できる。

wiki

 

超越竜ギガントザウラー
融合・効果モンスター
星12/地属性/恐竜族/攻3800/守2000
恐竜族モンスター+通常モンスター
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
このカードが墓地から特殊召喚されていた場合、
さらに自分の手札・フィールドのカード1枚と相手フィールドのカード1枚を選んで破壊できる。
②:このカードが破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から通常モンスター1体を選んでデッキに戻す。
その後、このカードを特殊召喚できる。

wiki

 

超越竜グレイスザウルス
シンクロ・効果モンスター
星12/水属性/恐竜族/攻3600/守2700
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードは戦闘では破壊されない。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
墓地から特殊召喚された自分フィールドの恐竜族モンスターは、
相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
③:このカードが破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から通常モンスター1体を選んでデッキに戻す。
その後、このカードを特殊召喚できる。

wiki

 

超越竜ドリルグナトゥス
エクシーズ・効果モンスター
ランク6/風属性/恐竜族/攻3000/守2300
レベル6モンスター×2
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を1つ取り除き、
除外されている自分の恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
②:X素材が無いこのカードがモンスターとの戦闘で相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
③:このカードが破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から通常モンスター1体を選んでデッキに戻す。
その後、このカードを特殊召喚できる。

wiki

 

グラウンド・ゼノ
通常魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:デッキから恐竜族チューナーまたは恐竜族の通常モンスター1体を手札に加える。
その後、自分の手札を1枚選んで破壊する。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の手札・フィールドから、
恐竜族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

wiki

 

超越天翔
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:お互いの墓地のモンスター及び除外されているモンスターの中から、
恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

wiki

 

コメント

  1. daiki より:

    裂けた空(除外)からやってきたり
    隕石の衝突で並行世界が生まれているので
    これは実質【爆竜戦隊アバレンジャー】