PR
スポンサーリンク

《ヴォイドヴェルグ・プロトスター》遊戯王ラッシュデュエル考察 やっぱりブラック・ホールがあってこそ真価を発揮

スポンサーリンク

今回紹介するのは1月21日発売の

デッキ改造パック 強襲のダブルスター!!よりこのカードです。

 

カード説明

ヴォイドヴェルグ・プロトスター
フュージョン・効果モンスター
星9/闇属性/ギャラクシー族/攻2400/守2800
「ヴォイドヴェルグ・グロビュール」+「ダーク・プロフェット」
【条件】なし
【効果】自分の墓地のモンスター(レベル4以下/ギャラクシー族)1体を選んで手札に加える。
自分の墓地に「ブラック・ホール」がある場合、
さらに自分の墓地のモンスター(レベル8)1体を選んで
自分フィールドに表側表示で特殊召喚できる。

wiki

 

闇属性ギャラクシー族のレベル9フュージョンモンスターです。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

小型宇宙戦闘機といった形状であったヴォイドヴェルグ・グロビュールから

巨大戦艦のような姿へと進化しています。

艦そのものが巨大な砲台のような形状をしており

先端からは黒く禍々しいレーザー砲が発射されています。

 

「プロトスター」とは生まれたばかりの星の事をさします。

グロビュール(暗黒星雲)は星が誕生する前の状態であり

そのグロビュールから実際に星が誕生してプロトスターになったのを表しているのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

墓地から下級ギャラクシー族回収、墓地にブラック・ホールがあればついでに蘇生も

「ヴォイドヴェルグ・グロビュール」+「ダーク・プロフェット」

フュージョン素材にはヴォイドヴェルグ・グロビュールダーク・プロフェットを指定しています。

ヴォイドヴェルグ・アポカリプスとはダーク・プロフェットを素材として共有しています。

レベル9のフュージョン素材としてはどちらも下級モンスターであり場に素材を揃えやすく

ダーク・プロフェトは墓地からフュージョンを手札に回収できるので

アポカリプスと並んで特にフュージョン召喚が狙いやすいカードとなっています。

フュージョン素材にする場合グロビュールの効果は無駄になってしまいますが

このカードのフュージョン召喚に繋げられるのであれば大きな痛手ではないでしょう。

 

 

【条件】なし
【効果】自分の墓地のモンスター(レベル4以下/ギャラクシー族)1体を選んで手札に加える。

その効果は1ターンに1度、

墓地からレベル4以下のギャラクシー族1体を手札に加えるというものです。

このカードのフュージョン素材はどちらもレベル4以下のギャラクシー族であり

どちらかは手札に回収してそのまま召喚に繋げられるでしょう。

ただどちらも効果の発動には墓地コストとしてギャラクシー族3体を要求するので

墓地が肥えてなければ別のギャラクシー族を回収するのも選択肢です。

 

自分の墓地に「ブラック・ホール」がある場合、
さらに自分の墓地のモンスター(レベル8)1体を選んで
自分フィールドに表側表示で特殊召喚できる。

墓地にブラック・ホールがあれば

さらにレベル8のモンスターを蘇生する事も可能です。

ブラック・ホールは強力ではあるもののレジェンドカードなので

墓地に都合よく用意できるかは課題とはなりますが

ノーコストで最上級モンスターを蘇生できるのは強力です。

闇属性ギャラクシー族では

ヴォイドヴェルグ・レクイエムヴォイドヴェルグ・エリジウムあたりが

有力な蘇生候補となるでしょう。

 

 

同じく下級モンスター2体でフュージョン召喚できるヴォイドヴェルグ・アポカリプス共々

出しやすさと強さを高い水準で備えている優秀なフュージョンモンスターとなっています。

真価を発揮するには墓地にブラック・ホールを用意する事前準備が必要ではあるものの

それでも出せる場面なら出していい性能はしています。

 

攻撃力より守備力の方が高いので

攻撃は他のカードに任せて自身は守りに徹する手もあります。

もし生存出来ればまた再度効果を発動できますしね。

コメント