《シンクロ・ゾーン》遊戯王OCGカード考察 自身をリリースして発動出来るシンクロモンスター用に

12月17日、18日にジャンプフェスタ2023が開催されます。

今回はそちらにて販売されるPREMIUM PACK 2023(プレミアムパック2023)よりこのカードです。

 

カード説明

シンクロ・ゾーン
永続罠
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いにSモンスターでしか攻撃できない。
②:チューナー以外のSモンスターが自分の墓地へ送られた場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはチューナーとして扱う。
③:相手メインフェイズに、
魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。
自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。

wiki

 

シンクロ用のサポートとなる永続罠です。

漫画版遊戯王ARC-Vにおいて蓮がユーゴ戦で使用し

ユーゴがシンクロ召喚出来ないタイミングを見計らってロックを作りました。

漫画ではシンクロモンスターしか攻撃できない効果のみでしたが

OCG化に伴い効果が追加されています。

 

白いローブを纏った魔法使いが星の模様がいくつもある魔法陣を形成しています。

魔法陣もまた白色に輝き緑色のオーラが出ていますが

シンクロ召喚の色や使い手である蓮の色にちなんでいるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

シンクロ以外が攻撃できなくなる

①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いにSモンスターでしか攻撃できない。

①の効果はフィールドに出ている間、

お互いにシンクロモンスターでしか攻撃できなくなる攻撃制限です。

これにより多くのモンスターが攻撃不可能となり

こちらしかシンクロモンスターを用意できないのであれば一方的な攻撃も可能になります。

 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:チューナー以外のSモンスターが自分の墓地へ送られた場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはチューナーとして扱う。

②の効果は1ターンに1度、チューナー以外のシンクロモンスターが墓地へ送られた場合に

そのモンスターをチューナー扱いで特殊召喚する蘇生効果です。

シンプルにシンクロモンスターの蘇生手段として有用な効果であり

墓地へ送られさえすればいいのでリンク素材やシンクロ素材として墓地へ送る事で

能動的に条件を満たせます。

特に相性がいいのは自身をリリースして発動する効果を持っている

虹光の宣告者青眼の精霊龍ブラッド・ローズ・ドラゴンといったシンクロモンスターで

この2枚は相手ターンにリリースできる事からも蘇生が狙いやすいです。

 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:相手メインフェイズに、
魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。
自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。

③の効果は相手メインフェイズに1度、

魔法罠ゾーンから墓地へ送る事で

自分の場のモンスターを素材にシンクロ召喚を行うというものです。

シンクロ・トランスミッションと同様にフリーチェーンでシンクロ召喚を行える効果であり

②の効果でチューナー扱いで蘇生したシンクロモンスターを

そのままこの効果でシンクロ素材として活用可能です。

シンクロ・トランスミッションと違い自分ターンにはシンクロ召喚出来ない点には注意です。

 

 

単純に②の効果がシンクロ用の蘇生手段として有用で

そこに①の効果によるロック効果、

③の効果による緊急時のフリーチェーンシンクロ手段も合わせ持った優秀なカードです。

①の効果は自分のモンスターの攻撃も阻害してしまうので

出来る限りシンクロ召喚をメインアタッカーに据えたデッキ構築をしつつ

いざという時は③の効果で墓地に送るなり

Vivid Tail等で手札に戻すなりするといいでしょう。

とはいえ相手もシンクロ召喚デッキでない限りは

攻撃をロックしてくるこのカードの存在は厄介極りないので積極的に除去を狙ってくるでしょう。

このカードを防ぐ手段を用意するか

もしくは最初から使い切りの効果として割り切るのがいいかもしれません。

 

単純にフリーチェーンのシンクロ手段として使ってもいいですが

その場合でもやはり②の蘇生効果によって

シンクロ・トランスミッションと差別化していく事になると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました