PR
スポンサーリンク

《サイバー・エンド・ドラゴン》遊戯王ラッシュデュエル考察 圧倒的な攻撃力を持ってラッシュデュエルにも君臨!

スポンサーリンク

今回紹介するのはオーバーラッシュパックよりこのカードです。

 

 

カード説明

サイバー・エンド・ドラゴン
フュージョン・効果モンスター
星10/光属性/機械族/攻4000/守2800
「サイバー・ドラゴン」+「サイバー・ドラゴン」+「サイバー・ドラゴン」
【条件】なし
【永続効果】このカードの攻撃は貫通する
(守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える)。

wiki

 

遊戯王GXにおけるカイザー亮の切り札、

サイバー・エンド・ドラゴンがラッシュデュエルにも登場です。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

オーバーラッシュレア仕様として収録されており枠を飛び越えた迫力ある構図になっています。

翼がよりしっかり書き込まれている他、全体的な光沢が増しておりよりメタリックな質感になっています。

 

スポンサーリンク

 

OCGそのままの4000打点貫通攻撃、パワー・ボンドなら更に倍率ドン

「サイバー・ドラゴン」+「サイバー・ドラゴン」+「サイバー・ドラゴン」

フュージョン素材にはサイバー・ドラゴン3体を指定しています。OCGと同様ですね。

ラッシュデュエルのフュージョン魔法は手札のモンスターを素材にできないので

パワー・ボンドを使わない限りはフィールドにサイバー・ドラゴン3体を並べて素材を揃える事になります。

上級モンスターを3体並べるのは大変ですが

相手の場にいれば1体は直接特殊召喚ができますし

下級モンスターのプロト・サイバー・ドラゴンでも代用できるので

そちらを使えば十分にフィールドに素材を揃える事ができるでしょう。

墓地からサイバー・ドラゴンを蘇生できるサイバー・エントリーも活用していきましょう。

 

【条件】なし
【永続効果】このカードの攻撃は貫通する
(守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える)。

OCG同様に貫通効果を持っています。

シンプルな効果ですが攻撃力4000行う貫通は強烈で

安易に壁モンスターを並べて時間稼ぎをさせる行為を許しません。

 

 

 

OCGでは素材の重さもありサイバー・ツイン・ドラゴンの方が何かと使われていましたが

壁モンスターを並べる事が多いラッシュデュエルの環境では貫通効果はありがたく、

何よりもレベル10という事で実質的に高い耐性を持っています。

除去手段もOCGに比べて限られている事もあり

何かと「ラッシュデュエル向け」な性能をしています。

 

普通にフュージョン召喚しても充分に強力ですが

パワー・ボンドを用いてフュージョン召喚した場合には攻撃力8000という

まさに圧巻な攻撃力を確保可能です。

ある程度相手のライフが減っている状態で攻撃を叩きこむことができれば

それで決着がつくケースも多いですし仮にライフが残っていたとしても

相手は1ターン以内にこのカードを対処できなければほぼ敗北が確定するでしょう。

マキシマムモンスターでさえもこの攻撃力を突破する事は困難であり

4000のダメージを受けてでも出す価値は充分にあります。

ただしマキシマムモンスターと違って罠耐性などはないので

ダーク・リベレイションなどには気をつけましょう。

返しのターンでライフが減った所を総攻撃を仕掛けられてお陀仏というのも

恐らくはよく見かける光景になると思います。

 

今後は他の融合モンスターも

ラッシュデュエルに積極的に輸入されていくかもしれませんね。

 

 

コメント