PR
スポンサーリンク

《フォトン・エンペラー》遊戯王OCGカード考察 場に出しやすい上に召喚権も増やしてくれるとってもありがたい存在

スポンサーリンク

今回紹介するのはPHOTON HYPERNOVA(フォトン・ハイパーノヴァ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

フォトン・エンペラー
効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻2800/守1000
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがフィールド以外から墓地へ送られた場合、
このカード以外の「フォトン」モンスターまたは「ギャラクシー」モンスターが、
自分フィールドまたは墓地に存在していれば発動できる。
このカードを守備表示で特殊召喚する。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功したターン、
自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに光属性モンスター1体を召喚できる。

wiki

 

フォトンの新規となる光属性戦士族のレベル8モンスターです。

 

青白く光る素体に金と紫を基調とするアーマーを身に着けた騎士です。

刃付きのシールドと槍、そして背中にはマントを羽織っていると実に正統派で格好よく

ロボットアニメの主人公機を余裕で務められそうなヒロイックなデザインをしていますね。

 

同じく皇帝の名を冠するフォトン・カイザーとは装備や紫色のマントなど

共通している部分も多いです。兄弟機のような関係かもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

フィールド以外から墓地へ送られれば蘇生

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがフィールド以外から墓地へ送られた場合、
このカード以外の「フォトン」モンスターまたは「ギャラクシー」モンスターが、
自分フィールドまたは墓地に存在していれば発動できる。
このカードを守備表示で特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、フィールド以外から墓地へ送られた場合に

墓地かフィールドに同名カード以外のフォトンかギャラクシーが存在していれば

自身を守備表示で特殊召喚する自己蘇生効果です。

とにかくフィールド以外であればどこから送られればいいという条件の緩さであり

エクシーズ素材にした後に墓地に送る他にも銀河百式でデッキから直接墓地へ送る、

銀河戦士の手札コストにするなどで条件を満たせます。

レベル8なのでトレード・インの手札コストにするのもいいでしょう。

 

②:このカードが召喚・特殊召喚に成功したターン、
自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに光属性モンスター1体を召喚できる。

②の効果は召喚か特殊召喚したターンに光属性を追加で1体召喚出来る召喚権追加です。

特に銀河騎士とは相性がよくこのカードがあちらのリリース軽減条件を満たした上で

場に出す為の召喚権を補ってくれます。

銀河の魔導師のサーチ効果を発動したい場合にも

場に出す為の召喚権を確保するのに貢献してくれるでしょう。

ちなみに光属性であればフォトンやギャラクシーに限らず何でも追加で召喚できるので

妖精伝姫-カグヤあたりを場に出す手段としても機能します。

 

 

①の自己蘇生効果と②の召喚権追加という2つの手段で

【フォトン】や【ギャラクシー】全般の展開を補助してくれる存在です。

特にエクシーズ素材にした上で次のターン以降に墓地に送る事ができれば

毎ターン自己蘇生からエクシーズ素材に利用する事も狙えるので有用です。

 

①の効果は墓地にフォトンかギャラクシーさえいれば条件を満たせるので

例えばランク8デッキであれば何かしらギャラクシーエクシーズを事前に用意しておけば

メインデッキにギャラクシーがこのカードのみという場合でも活用はできます。

②の効果は光属性全般の展開力を底上げしてくれる事もあり

他のデッキに出張させることも充分に考えられるでしょう。

 

 

攻撃力が2800と高めなのもポイントです。

簡単に場に出せるのでアタッカーとして活用できる場面もありますし

相手ターンに自己蘇生した場合にも壁として機能してくれる場面も多いかと。

コメント