PR
スポンサーリンク

《凶導の聖告(ドラグマトリックス)》遊戯王OCGカード考察 なんで2枚サーチした上で更にEXデッキから落とせるの?

スポンサーリンク

今回紹介するのはPHOTON HYPERNOVA(フォトン・ハイパーノヴァ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

凶導の聖告(ドラグマトリックス)
永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、以下の効果を適用できる。
●デッキから「ドラグマ」儀式モンスター1体または「ドラグマ」儀式魔法カード1枚を手札に加える。
相手フィールドにモンスターが存在する場合、
さらにデッキから「ドラグマ」カード1枚を手札に加える事ができる。
②:1ターンに1度、自分フィールドに「ドラグマ」儀式モンスターが存在する場合に発動できる。
自分または相手のEXデッキを確認し、その内のモンスター1体を選んで墓地へ送る。

wiki

 

【ドラグマ】用の永続魔法です。

 

烙印劇城デスピアの壁が開かれ内部から凶導の白き天底が出てこようとしています。

そもそも烙印劇城デスピア自体がこの凶導の白き天底を生み出す為の装置なのかもしれません。

今まで様々な災いを振りまいていたのもこの天底を作り出すのに必要だったと考えられます。

 

「マトリックス」とは「基盤」や「母体」を意味する言葉です。

まさに凶導の白き天底の母体となるのが烙印劇城デスピアだったという事でしょう。

 

スポンサーリンク

 

儀式魔法か儀式モンスターをサーチ、相手の場にモンスターいればさらにもう1枚サーチ

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、以下の効果を適用できる。
●デッキから「ドラグマ」儀式モンスター1体または「ドラグマ」儀式魔法カード1枚を手札に加える。
相手フィールドにモンスターが存在する場合、
さらにデッキから「ドラグマ」カード1枚を手札に加える事ができる。

①の効果は1ターンに1度、

カード発動時にデッキからドラグマ用の儀式モンスターか儀式魔法をサーチできます。

これに加えて相手の場にモンスターがいればもう1枚ドラグマカードをサーチ可能です。

緩い条件で2枚のカードを一度にサーチできる強力な効果であり

特に後半の効果はドラグマ関連のカードであれば何でもサーチ可能です。

教導の聖女エクレシア天底の使徒から更なるサーチをして儀式召喚の準備を整えてもいいですし

ドラグマ・パニッシュメントのような妨害札を備えておくのもいいでしょう。

 

②:1ターンに1度、自分フィールドに「ドラグマ」儀式モンスターが存在する場合に発動できる。
自分または相手のEXデッキを確認し、その内のモンスター1体を選んで墓地へ送る。

②の効果は1ターンに1度、自分の場にドラグマ儀式モンスターがいる場合に

自分か相手のEXデッキからモンスター1体を選んで墓地に送るというものです。

①の効果で儀式召喚の準備ができるのでそのままこちらの効果に繋げやすく

旧神ヌトスを墓地へ送って除去をしたり

虹光の宣告者を墓地へ送って更なる儀式魔法や儀式モンスターのサーチが可能です。

自分だけでなく相手のEXデッキから墓地へ送る事も可能であり

アーゼウスのような厄介なカードをあらかじめ封じておくことができます。

 

 

相手の場にモンスターさえいれば2枚分のサーチが可能な上に

儀式モンスターさえいれば②の効果でさらにアドバンテージが稼げるという強烈なカードです。

儀式召喚を主軸とする【ドラグマ】にとっては儀式の下準備以上に優秀なサポートカードとなります。

単純に凶導の福音と各種ドラグマ儀式モンスターをサーチするだけでも儀式召喚は可能ですが

教導の聖女エクレシアあたりを経由すればよりアドバンテージを稼ぐ事もできます。

 

永続魔法故に発動後も②の効果は毎ターン狙えるのも大きいです。

除去しないと毎ターンEX墓地肥やしされる上に

発動時点で既に2枚のサーチはされているというのは

相手からすれば割に合わない事この上ない除去と言えます。

 

コメント