PR
スポンサーリンク

《界放せし肆世壊(スケアクロー・ディファング)》遊戯王OCGカード考察 トライヒハートの穴がさらになくなりました!

スポンサーリンク

今回紹介するのはPHOTON HYPERNOVA(フォトン・ハイパーノヴァ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

界放せし肆世壊(スケアクロー・ディファング)
永続魔法
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの、「スケアクロー」リンクモンスター及び
「ヴィサス=スタフロスト」は相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
②:自分の、「スケアクロー」リンクモンスター
または「ヴィサス=スタフロスト」が戦闘で破壊したモンスターは墓地へは行かず除外される。
③:自分のフィールド・墓地から「スケアクロー」リンクモンスター1体を除外し、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

wiki

 

【スケアクロー】及びヴィサス=スタフロスト用のサポートとなる永続魔法です。

 

クシャトリラ・アライズハートが左手を掲げて

スケアクロー・ライヒハートが持っていた剣を

宿っていると思われるライトハートごと取り込もうとしています。

恐らくはこれによってアライズハートが更なる力を手に入れるのでしょう。

 

「ディファング」とは無力化するという意味です。

剣を吸収する事でその力を封じているという事なのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

スケアクリーリンクやヴィサス=スタフロストに対象耐性と効果破壊耐性を

①:自分フィールドの、「スケアクロー」リンクモンスター及び
「ヴィサス=スタフロスト」は相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

①の効果は自分の場のスケアクローリンクとヴィサス=スタフロストに

相手の効果に対する対象耐性と効果破壊耐性を付与するというものです。

スケアクロー・トライヒハートは元々守備表示モンスターに対する耐性はありますが

このカードがあれば魔法罠や守備表示にならないリンクモンスター相手にも強く出られるようになります。

 

またスケアクロー・ライトハートの効果をエフェクト・ヴェーラーなどで無効化されないようになるので

より展開の安定力が高まります。

 

②:自分の、「スケアクロー」リンクモンスター
または「ヴィサス=スタフロスト」が戦闘で破壊したモンスターは墓地へは行かず除外される。

②の効果はスケアクローリンクかヴィサス=スタフロストが

相手モンスターを戦闘破壊した場合、それを除外させるというものです。

相手の墓地アドバンテージを飛躍的に減らしやすくなり

墓地依存度の高いテーマやペンデュラムテーマが相手であればよりメリットも大きいです。

 

スケアクロー・トライヒハートは元々の攻撃力が3000と高い上に相手を守備表示にでき

スケアクロー・アストラによって複数回攻撃も狙えるので

相手モンスターを纏めて戦闘破壊から除外してしまう事も狙えます。

ヴィサス=スタフロストもトリヴィカルマあたりでステータスを補強する事で

戦闘破壊が狙いやすくなるでしょう。

 

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:自分のフィールド・墓地から「スケアクロー」リンクモンスター1体を除外し、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

③の効果は1ターンに1度、自分の場や墓地からスケアクローリンクを除外する事で

相手のカード1枚を破壊できるというものです。

シンプルな除去効果でありスケアクロー・ライトハートを経由して

スケアクロー・トライヒハートのリンク召喚に繋げていれば

自然と墓地コストは確保していけるでしょう。

 

 

全体的にスケアクロー・トライヒハートをさらに使いやすくするカードとなっています。

特にトライヒハートの穴の1つであった魔法罠に弱いという弱点を

①の効果でカバーできるのは大きくもともと高かったトライヒハートの制圧力を

さらに高める事もできるでしょう。

②や③の効果もメリットが大きくとても優秀なカードです。

 

永続魔法故に相手に除去を狙われる可能性も高いですが

肆世壊の牙掌突があればこのカードを守る事も可能です。

また逆に相手に除去を使わせるという考え方も可能であり③の効果が発動できれば

とりあえずアドバンテージ面では有利を取れます。

 

 

イラスト自体はライトハートが大ピンチって感じなのに

効果はライトハートにとって恩恵があるのはちょっとした皮肉ですね。

コメント