《トリヴィカルマ》遊戯王OCGカード考察 少しずつ使いやすくなっていくヴィサス=スタフロスト君

今回紹介するのはPHOTON HYPERNOVA(フォトン・ハイパーノヴァ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

トリヴィカルマ
通常罠
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドの「ヴィサス=スタフロスト」1体と
相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの効果を無効にし、その元々の攻撃力と元々の守備力の内、
高い方の数値の半分だけ対象の自分のモンスターの攻撃力をアップする。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
「トリヴィカルマ」以外の
「ヴィサス=スタフロスト」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。

wiki

 

ヴィサス=スタフロスト用のサポートとなる通常罠です。

 

ヴィサス=スタフロストが右手をかかげそこにエネルギーのようなものが集約されていきます。

背景には六世壊=パライゾスの眷族物が斜めになって崩れ落ちようとしており

恐らくはクシャトリラ・アライズハートとの対決時に発生している出来事だと思われます。

 

カード名の由来は「トリヴィクラマ」+業を意味する「カルマ」からだと思われます。

トリヴィクラマとは「3歩」という意味を持つ

古代インドの聖典であるリグ・ヴェーダにて語られる神話の1つであり

ヒンドゥー教の神ヴィシュヌが巨大化し三歩によって地上、天、天界全てを跨ぎ

奪われた3つの世界をヴィシュヌが代表となって奪い返すと言われています。

ヴィサス=スタフロストがライフォビア、ペルレイノ、パライゾス3つの世界から

力を奪い取ったことを示唆しているのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

相手の効果を無効にしつつそのステータスを半分奪う

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドの「ヴィサス=スタフロスト」1体と
相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの効果を無効にし、その元々の攻撃力と元々の守備力の内、
高い方の数値の半分だけ対象の自分のモンスターの攻撃力をアップする。

①の効果は1ターンに1度、

自分のヴィサス=スタフロストと相手の効果モンスター1体をそれぞれ指定、

相手モンスターの効果を無効にしつつ、相手の元々の攻撃力と守備力の高い方の半分だけ

自身の攻撃力をアップさせるというものです。

相手の展開などを妨害する手段として効果的であり

それとは別にヴィサス=スタフロストが攻撃された際に

コンバットトリックとして活用する事も可能です。

ヴィサス=スタフロストは攻撃力が2100あるので

攻撃力4200まではこの効果で相打ち以上に持ち込めます。

 

コンバットトリックとして使う場合は効果モンスターにしか発動できないので

効果を持たないモンスター等には機能しない点には注意です。

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
「トリヴィカルマ」以外の
「ヴィサス=スタフロスト」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、墓地から除外する事で

同名カード以外で効果テキストに「ヴィサス=スタフロスト」の単語がある魔法罠を

デッキから手札に加えるサーチ効果です。

スケアクロー、ティアラメンツ関連の多くの魔法罠が該当しており

これらのデッキであればかなり自由度の高いサーチ手段として機能します。

①の効果とは1ターンに片方しか発動できないので

相手ターンに①の効果、自分ターンに②の効果と使い分けるのがいいでしょう。

 

 

ヴィサス=スタフロスト用のサポートとしては

妨害手段とサーチ手段を1枚でこなせる優秀なカードとなっています。

特に【スケアクロー】はヴィサス=スタフロストを無理なく組み込めるので

このカードも一緒に採用する価値は高いでしょう。

 

 

ヴィサス=スタフロスト用のサポートとしては身も蓋もないですが

②の効果だけでも有用なのでおろかな副葬あたりで

直接墓地に落としてしまう手もあります。

ティアラメンツの場合は自然に墓地に落ちるケースも多いでしょうし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました