PR
スポンサーリンク

《光の継承》遊戯王OCGカード考察 複数体のシンクロや儀式を並べるデッキにどうぞ、相手ターンに効果発動できればなおよし

スポンサーリンク

今回紹介するのはWORLD PREMIERE PACK 2022よりこのカードです。

 

 

カード説明

光の継承/Heritage of the Light
永続魔法
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:既にフィールドに存在するモンスターと同じ種類(儀式・融合・S・X)のモンスターが
儀式・融合・S・X召喚された場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

wiki

 

汎用の永続魔法です。

 

真竜剣士マスターPから赤、青、緑の3つの光り輝く球体が飛んでいます。

それぞれイグナイト、ダイナミスト、マジェスペクーの力を表していると思われ

この力を分け与えようとしているのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

同じ召喚法が連続でされた場合に1枚ドロー

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:既にフィールドに存在するモンスターと同じ種類(儀式・融合・S・X)のモンスターが
儀式・融合・S・X召喚された場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

その効果は1ターンに1度、

自分の場に儀式、融合、シンクロ、エクシーズの4つの召喚法に属するモンスターがいる状態で

新たにそれと同じ召喚法が行われた場合に1枚ドローできるというものです。

要するに特定の召喚法を連続で行えばいいわけですね。

ただドロー効果を発動する為にはそのモンスターが場に残っている状態のまま

新しいモンスターを場に出さなければならず、

例えば重ねてエクシーズやシンクロを素材に連続シンクロなどでは効果を発動できない点に注意です。

 

その特性から複数のシンクロやエクシーズを並べるようなデッキで活用する事になるでしょう。

シンクロ召喚に特化したデッキなどは元から複数のシンクロを並べる事も多く

条件を満たすのは難しくないでしょう。

その他の召喚法も【リリカル・ルスキニア】や【デスピア】、【メガリス】などは

複数体並べやすいので発動機会は多いです。

 

ただ1度発動するだけではただの1:1交換になってしまいます。

相手に除去を撃たせるのを誘えばそれでも最低限の仕事はこなしていると言えますが

このカードを扱うのであれば出来ればもう1度ぐらいは効果発動を狙いたい所です。

その場合には相手ターンでも効果発動を狙うのがいいでしょう。

この点はフリーチェーンでシンクロ召喚を行えるカードなどを採用しておく事で

積極的に狙っていく事が可能となります。

一緒に収録される【リブロマンサー】も複数回の儀式召喚が狙いやすく

相手ターンの儀式召喚が狙えるリブロマンサー・マジガールがいるので

複数回のドローが期待できるでしょう。

 

複数回発動を狙う別の手段として

手札にバウンスしてしまう事で除去を逃れ再利用する手もあります。

獣神ヴァルカンや氷結界の虎王 ドゥローレンなど

セルフバウンスが出来るシンクロはいくつかあるので

これらと組み合わせてみるのもいいと思います。

コメント