PR
スポンサーリンク

《騎甲虫(ビートルーパー)ライト・フラッパー》遊戯王OCGカード考察 除外ゾーンから回収できるメインアドバンテージ源!

スポンサーリンク

今回紹介するのはWORLD PREMIERE PACK 2022に収録され

マスターデュエルにて先行実装されたこのカードです。

 

 

カード説明

騎甲虫ライト・フラッパー(ビートルーパー ライト・フラッパー)
効果モンスター
星6/水属性/昆虫族/攻2000/守2200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地のカード及び除外されている自分のモンスターの中から、
カード名が異なる「ビートルーパー」モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの効果を発動できない。
②:相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカードを持ち主の手札に戻し、その攻撃を無効にする。

wiki

 

【ビートルーパー】に属する水属性昆虫族のレベル6モンスターです。

 

白と紫色を基調とするトンボに乗った昆虫騎士です。

四本腕のうち2本に薬と包帯を持っており

いわゆる衛生兵的なポジションに位置するものと思われます。

 

「ライト・フラッパー」は直訳するなら「明るいおてんば娘」といった意味になります。

色合いからしても女性兵士なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

墓地や除外ゾーンから負傷兵2体を回収!

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地のカード及び除外されている自分のモンスターの中から、
カード名が異なる「ビートルーパー」モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚した場合に

墓地か除外ゾーンからビートルーパーモンスター2種類を手札に加えるというものです。

負傷して墓地や除外ゾーンに送られた仲間を治療して戦線復帰させるイメージなのでしょうね。

シンプルに2枚分のアドバンテージを回収できる便利な効果となっています。

特に除外ゾーンから回収できるのがポイントで

騎甲虫アームド・ホーンや騎甲虫隊上陸態勢などで除外したビートルーパーを

再利用して活用していく事が可能となります。

 

このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの効果を発動できない。

制約として手札に戻したターンはそのカードの効果を発動できません。

効果を発動したければ1ターン待つ事になります。

素材に利用するだけは可能なので手札に回収したビートルーパー2体を

騎甲虫隊上陸態勢の融合素材にするといった動きは可能です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカードを持ち主の手札に戻し、その攻撃を無効にする。

②の効果は1ターンに1度、相手がモンスターを攻撃宣言した時に

自身を手札に戻す事でそれを無効にできるというものです。

このカード自身は攻撃力2000守備力2200とそう高いステータスではないものの

高い攻撃力を持つモンスターの攻撃をこの効果でやり過ごす事が可能です。

とはいえ攻撃以外には無力なのでそこは注意です。

 

 

上級モンスター故に場に出すには一工夫必要ではあるものの

特に融合召喚を狙っていくと手札消費が激しくなる【ビートルーパー】にとって

失った手札を取り戻す大事な手段となってくるカードです。

このカードを特殊召喚する手段自体は

大騎甲虫インヴィンシブル・アトラスや超騎甲虫アブソリュート・ヘラクレス、

それから騎甲虫隊戦術機動などがあるので結構場に出しやすいのもポイントです。

②の効果で手札に戻った後は素直に騎甲虫隊上陸態勢の融合素材にしてしまってもいいでしょう。

 

 

②の効果を発動される前に何かしら除去を打たれてしまうという事も多いので

除去されそうになったら騎甲虫歩兵分隊でリリースエスケープしてしまうのも1つの手です。

攻撃力は2000あるのでトークン2体を出せます。

コメント