PR
スポンサーリンク

《暗黒界の登極(あんこくかいのとうきょく)》遊戯王OCGカード考察 暗黒界用の融合魔法であり悪魔族用の融合魔法でもある!

スポンサーリンク

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-デビルズ・ゲート-よりこのカードです。

 

 

カード説明

暗黒界の登極(あんこくかいのとうきょく)
速攻魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:お互いのメインフェイズに発動できる。
自分のフィールド・墓地から、
悪魔族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
「暗黒界」モンスターを融合召喚する場合、
手札のモンスターを捨てて融合素材とする事もできる。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分メインフェイズに発動できる。
このカードを手札に加える。
その後、手札から「暗黒界」モンスター1体を選んで捨てる。

wiki

 

【暗黒界】用の速攻魔法です。

 

暗黒界の龍神王 グラファに黒い煙のようなものが吸い込まれていっています。

登極(とうきょく)とは最高位の役職に就く「即位」と同じような意味あいであり

暗黒界の竜神 グラファが「王」となる存在へと進化しているのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

手札から融合素材を捨てる扱いで融合召喚

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:お互いのメインフェイズに発動できる。
自分のフィールド・墓地から、
悪魔族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

①の効果はお互いのメインフェイズ時に1度、

フィールドか墓地から融合素材を除外する事で

悪魔族の融合モンスターを融合召喚するというものです。

いわゆる墓地融合の一種であり悪魔族融合モンスター全般の融合召喚に利用できます。

手札からモンスターを捨てる事の多い【暗黒界】でも積極的に活用していけるでしょう。

 

「暗黒界」モンスターを融合召喚する場合、
手札のモンスターを捨てて融合素材とする事もできる。

また暗黒界融合モンスターを融合召喚する場合は

手札のモンスターを効果で捨てる扱いで融合素材にする事もできます。

現状暗黒界融合モンスターは暗黒界の龍神王 グラファのみなので実質専用サポートですね。

各種暗黒界の手札から捨てられた場合の効果を発動しつつ融合召喚する事が可能であり

結果的に融合召喚にかかるディスアドバンテージを抑える事が可能であり

墓地肥やしに繋げる事もできます。

暗黒界の龍神王 グラファの融合素材となる暗黒界の龍神 グラファはできるだけ除外したくないので

こちらの手段で融合召喚を狙うのが基本となるでしょう。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分メインフェイズに発動できる。
このカードを手札に加える。
その後、手札から「暗黒界」モンスター1体を選んで捨てる。

②の効果は自分メインフェイズに1度、墓地にあるこのカードを手札に加え

その後手札から暗黒界を捨てるというものです。

これにより毎ターン墓地から回収して再利用が可能であり

暗黒界を手札から捨てる事も効果発動に繋がる事に考えればむしろメリットとなります。

 

 

まさに【暗黒界】にとって理想的な融合魔法と言える存在で

手札から捨てる扱いで融合召喚が可能なので暗黒界の龍神王 グラファの融合召喚をする事が

実質的に暗黒界の龍神 グラファの除去効果に繋げる事にもなります。

速攻魔法故にフリーチェーンで発動できるというのもポイントで

結果的に暗黒界の龍神 グラファの除去効果をフリーチェーンで使えるので

融合召喚そのものが相手の妨害手段として機能します。

これだけでも十分すぎるほどに優秀にも関わらず

②の効果で何度でも再利用ができるというのだから至れり尽くせりです。

 

また前述の通り悪魔族融合モンスター用の墓地融合手段として利用する事も可能です。

暗黒方界邪神クリムゾン・ノヴァ・トリニティや三相魔神コーディウスなど

素材の重い融合モンスターなどは墓地融合できる価値は高いでしょう。

やはりフリーチェーンで発動出来る事を活かして

デストーイ・ハーケン・クラーケンやEMガトリングールを融合召喚する事で

フリーチェーン除去として機能させることも可能です。

デストーイ・シザー・タイガーであれば複数枚の除去も可能ですが

時の任意効果でありタイミングを逃す点には注意しましょう。

 

本当にすごい強い融合魔法です。

暗黒界の龍神王 グラファの強さの多くは

この融合魔法の存在が担っているといっても過言じゃありません。

コメント