PR
スポンサーリンク

《VV-ソロアクティベート》遊戯王OCGカード考察 リクルート手段と移動手段を同時に確保できる文句無しの強カード!

スポンサーリンク

今回紹介するのはDARKWING BLAST(ダークウィング・ブラスト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

VV-ソロアクティベート(ヴァリアンツ=ウェイク-ソロアクティベート)
通常魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:デッキから「ヴァリアンツ」Pモンスター1体を選んで自分のPゾーンに置く。
②:フィールドゾーンにカードが存在する場合、墓地のこのカードを除外し、
自分のメインモンスターゾーンの「ヴァリアンツ」モンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターの位置を、その隣のモンスターゾーンに移動する。

wiki

 

【ヴァリアンツ】用のサポートとなる通常魔法です。

 

筐体にヴァリアンツの巫女-東雲のフィギュアがおかれ

ゲーム画面にも大きく東雲が表示されています。

ソロアクティベートは訳すなら「単独での起動」といった所でしょうか。

要するにゲームにおける1人用モードを表しているものだと思われます。

マスターデュエルにおけるソロモード的な奴ですね。

基本的に対戦が主流のゲームですがちゃんと1人で遊ぶモードも充実しているのでしょうね。

対戦相手がいつもいてくれるとは限りませんからね!

 

スポンサーリンク

 

デッキからヴァリアンツを直接Pゾーンへ

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:デッキから「ヴァリアンツ」Pモンスター1体を選んで自分のPゾーンに置く。

①の効果は1ターンに1度、

デッキからヴァリアンツペンデュラム1体を選んでPゾーンに置くというものです。

各種ヴァリアンツはPゾーンから特殊召喚できる効果を持っており

Pゾーンに空きさえあれば実質的に好きなヴァリアンツをデッキから特殊召喚できる手段となります。

直接特殊召喚するのではなくPゾーンに置くという形なので

灰流うららで妨害されないのもポイントです。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:フィールドゾーンにカードが存在する場合、墓地のこのカードを除外し、
自分のメインモンスターゾーンの「ヴァリアンツ」モンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターの位置を、その隣のモンスターゾーンに移動する。

②の効果は1ターンに1度、

フィールド魔法が存在している状態で墓地から除外する事で

メインモンスターゾーンのヴァリアンツ1体を隣のモンスターゾーンに移動できるというものです。

【ヴァリアンツ】において重要となるモンスターゾーンの移動を担える効果であり

フィールド魔法さえ存在していれば発動ができ

そちらはVV~始まりの地~によって確保ができるので発動も積極的に狙えるでしょう。

 

 

はい、露骨に強カードです。

【ヴァリアンツ】において実質的にリクルートとモンスターゾーンの移動手段を

同時に兼ね備えているとても有用なカードです。

特にヴァリアンツの巫女-東雲との相性がとても高く

このカードで東雲をPゾーンに置いて特殊召喚する事でそのままVV~始まりの地~のサーチからの

フィールド魔法サーチによって②の効果まで安定して繋げられます。

そもそもヴァリアンツの巫女-東雲自体がヴァリアンツにおけるキーカードの1つであり

それを初手に確保しやすくなるというだけでも大きな意味あります。

ヴァリアンツにおいて「採用する理由」ではなく「採用しない理由」を考えるべきカードであり

それが思いつかないなら3枚積みしとけっていうぐらいに強力です。

 

 

このゲームの1人用モードってどんな感じなんでしょうね。

キャラストーリーとかしっかりしてるんでしょうか。

 

 

コメント