《ティアラメンツ・ルルカロス》遊戯王OCGカード考察 特殊召喚無効にしてくるカードが自己蘇生までできる恐怖

今回紹介するのはDARKWING BLAST(ダークウィング・ブラスト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

ティアラメンツ・ルルカロス
融合・効果モンスター
星8/水属性/水族/攻3000/守2500
「ティアラメンツ・キトカロス」+「ティアラメンツ」モンスター
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカード以外の自分の水族モンスターは戦闘では破壊されない。
②:モンスターを特殊召喚する効果を含む効果を相手が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
その後、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、
「ティアラメンツ」カード1枚を選んで墓地へ送る。
③:融合召喚したこのカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

wiki

 

【ティアラメンツ】の新規となる水属性水族のレベル8融合モンスターです。

姿形や融合素材などからティアラメンツ・キトカロスの進化形だと思われます。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

全体的により白色を強調したような豪華で煌びやかな恰好となっています。

憂いに満ちていた表情も凛々しいものとなっており正統派に成長した感じが見て取れます。

丁度「王女」から「女王」になったような印象でしょうか。

恐らくはティアラメンツ・カレイドハートを討った事でその力を継承し

壱世壊=ペルレイノの新たなる支配者となった感じでしょうか。

壱世壊に渦巻く反響のイラストではカレイドハートの力が彼女の剣へと流れ込んでおり

キトカロスの頃に比べて剣も大きく立派なものへと変化しています。

 

スポンサーリンク

 

効果による特殊召喚全般を無効

「ティアラメンツ・キトカロス」+「ティアラメンツ」モンスター

融合素材はティアラメンツ2体でうち1体はキトカロスを指定しています。

片方が融合モンスターですがそもそもティアラメンツは融合召喚が狙いやすく

ティアラメンツ・キトカロスもまた融合素材に適している存在であるので

実際には融合召喚はそれほど難しくありません。

【ティアラメンツ】であれば丁度捕食植物ドラゴスタペリアを出すのと

同じ様な感覚で融合召喚を狙っていけるでしょう。

 

①:このカード以外の自分の水族モンスターは戦闘では破壊されない。

①の効果は自身以外の水族に戦闘破壊耐性を付与するというものです。

水族が中心のティアラメンツにとっては

特に下級モンスター全般の場持ち性能を飛躍的に高めてくれます。

自身には戦闘破壊耐性は付与されませんが攻撃力が3000と高めなので

ある程度の戦闘には耐えられます。

 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:モンスターを特殊召喚する効果を含む効果を相手が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
その後、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、
「ティアラメンツ」カード1枚を選んで墓地へ送る。

②の効果は1ターンに1度、モンスターを特殊召喚する効果を含む効果を相手が発動した時に

その発動を無効にして破壊した後に手札か自分の場からティアラメンツ1枚を墓地へ送るというものです。

いわゆるチェーンに乗る特殊召喚全般を無効にする事ができ

リクルート効果や釣り上げ効果などを強力に妨害する事が可能となります。

ティアラメンツを墓地へ送る必要がある点もそれぞれが持つ

墓地へ送られた場合の効果の発動トリガーとなるので無駄にはなりにくいです。

できるだけ他のティアラメンツを墓地へ送る方が望ましいですが

自身を墓地へ送った場合でも③の効果へ繋げられます。

 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:融合召喚したこのカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

③の効果は1ターンに1度、融合召喚している状態で効果によって墓地へ送られた場合に

自身を墓地から特殊召喚する自己蘇生効果です。

ティアラメンツ・カレイドハートが持つ効果を意識している感じですが

自己蘇生した場合は融合召喚扱いではなくなるので実質1度きりの効果となります。

奪い取った力をまだ十全に使いこなせていないのかもしれません。

それでも1度の破壊では場に残り続ける為に場持ち性能の向上に繋がります。

除外やバウンスをされそうになった場合には

壱世壊に奏でる哀唱などで自分から墓地へ送る事でやり過ごす動きも可能です。

 

 

モンスター効果や魔法罠による特殊召喚全般を無効にできるという

相手からすればたまったもんじゃない妨害効果を持っている上に

破壊しても1度は復活するので除去をするのも大変という厄介極まりないカードです。

捕食植物ドラゴスタペリアやティアラメンツ・カレイドハートとはまた別の形で

相手の動きを大幅に制限してくれる存在です。

攻撃力も3000と高いのでアタッカーとしても充分に活躍していける為に

攻守ともに隙の無い性能を持っています。

 

 

カレイドハートを打ち倒したのはいいのですが

今度は何やらクシャトリラに襲われています。

なんというか受難の絶えないお人ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました