PR
スポンサーリンク

《古衛兵アギド》遊戯王OCGカード考察 現世と冥界の逆転を発動した後で古尖兵ケルベクと一緒に墓地に送れば勝ち

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-輝石のデュエリスト編-よりこのカードです。

 

 

カード説明

古衛兵アギド(こえいへいアギド)
効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻1500/守1300
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札・デッキからカードが相手の墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分の墓地から「古衛兵アギド」以外の
天使族・地属性・レベル4モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
②:このカードが手札・デッキから墓地へ送られた場合に発動できる。
お互いのデッキの上からカードを5枚墓地へ送る。
その後、自分の墓地に「現世と冥界の逆転」が存在する場合、
自分または相手のデッキの上からカードを5枚墓地へ送る事ができる。

wiki

 

厳正と冥界の逆転用のサポートとなる地属性天使族のレベル4モンスターです。

アギドのリメイクモンスターでありレベルや属性種族、攻撃力守備力が一致しています。

 

ビフォー

 

 

古衛兵アギド(こえいへいアギド)

アフター

 

赤色が主体だった元のアギトに比べてむしろ銀と金が主体になっており。

全体的にカラフルかつリッチ感のあるカラーリングになっていますね。

小さかった翼もかなり立派なものになり下に伸びるトゲも随分伸びています。

下側から見上げるようなアングルになっており迫力も増していますね。

 

スポンサーリンク

 

墓地に送られれば5枚デッキ破壊、墓地に現世と冥界の逆転があればさらにもう5枚

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札・デッキからカードが相手の墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分の墓地から「古衛兵アギド」以外の
天使族・地属性・レベル4モンスター1体を選んで特殊召喚できる。

①の効果は1ターンに1度、相手の手札やデッキから墓地へ送られた場合に

自身を手札から特殊召喚した後に墓地から同名カード以外の

レベル4地属性天使族を特殊召喚する自己展開&吊り上げ効果です。

古尖兵ケルベクの①の効果と同じ発動条件であり

あちらがバウンスをするのに対しこちらは蘇生効果となっています。

現世と冥界の逆転関連のカードはこのカード自身を含め

デッキ破壊を行えるものが揃っている為発動条件を満たすのは難しくないでしょう。

 

そのままランク4のエクシーズ召喚へ繋げられる他、

もう1体地属性天使族を召喚するなり出来れば絶望と希望の逆転の発動条件も満たせます。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが手札・デッキから墓地へ送られた場合に発動できる。
お互いのデッキの上からカードを5枚墓地へ送る。
その後、自分の墓地に「現世と冥界の逆転」が存在する場合、
自分または相手のデッキの上からカードを5枚墓地へ送る事ができる。

②の効果は1ターンに1度、手札かデッキから墓地へ送られた場合に

お互いのデッキトップからカードを5枚墓地へ送る事ができます。

墓地利用を許してしまうタイプのデッキ破壊効果ですが

墓地に現世と冥界の逆転があればさらに5枚、どちらかのデッキから墓地へ送る事が可能であり

合計10枚というかなり破格のデッキ破壊を行う事が可能です。

相手の墓地が15枚の状況で現世と冥界の逆転を発動した後に

同じく5枚のデッキ破壊が出来る古尖兵ケルベクと一緒に墓地へ送られれば

そのままデッキ破壊による勝利が成立します。

 

 

 

全体的にかなり古尖兵ケルベクと似た性能をしていますが

①の効果的にはあちらが相手ターンに発動できる事で妨害にも繋がる代物で

こちらは自分ターンに発動できれば蘇生効果と合わせて各種素材にしやすいと

どちらのターンで発動したいかが少し変わってきます。

相手の手札誘発も①の効果の発動トリガーにできる事もあり

自分ターンでの特殊召喚の方が何かと狙いやすくこちらの方が使い勝手が上かもしれません。

 

 

実際このカードと古尖兵ケルベクによって

現世と冥界の逆転を発動した後に

一気にデッキ破壊によって勝負を決めやすくなったと思います。

あとはその前段階である相手の墓地15枚以上を

いかに迅速に満たすかですね。

コメント