PR
スポンサーリンク

《マジシャン・オブ・ダークセブンス》遊戯王ラッシュデュエル考察 SEVENSのラスボス、満を持して登場!

スポンサーリンク

今回紹介するのはメガロードパックよりこのカードです。

 

 

カード説明

マジシャン・オブ・ダークセブンス
フュージョン・効果モンスター
星9/闇属性/魔法使い族/攻2800/守2600
「セブンスロード・マジシャン」+「ダークネス・ゼロローグ」
【条件】なし
【永続効果】このカードの攻撃力は
[自分の墓地のモンスター(闇属性/魔法使い族)の数]×300アップする。
このカード以外の自分のモンスターの戦闘で、自分は戦闘ダメージを受けない。

wiki

 

行く手を照らす夢も勇気も友情も!
セツリもロックもプライドも!
闇よりいでし魔術師が絶望へと誘う!
フュージョン召喚!マジシャン・オブ・ダークセブンス!!

 

闇属性魔法使い族のレベル9フュージョンモンスターです。

遊戯王SEVENSにおいてオーティスが王道遊我戦で使用し

その効果で自身の攻撃力を6200にまで高めました。

実質的な遊戯王SEVENSにおけるラスボスとなるモンスターです。

 

青い炎を各所から走らせる長い首の骨のドラゴンといった見た目をしています。

実にラスボス感満載な禍々しい見た目ですね。

フュージョン元の原型はあまり見られませんが体の各所に黄金のリングのようなものが7つあり

そこから電撃を放っています。このリングがセブンスロード・マジシャンの名残ありますね。

 

スポンサーリンク

 

墓地の闇属性魔法使い族に応じて攻撃力アップ

「セブンスロード・マジシャン」+「ダークネス・ゼロローグ」

フュージョン素材にはセブンスロード・マジシャンとダークネス・ゼロローグを指定しています。

どちらも最上級モンスターであり2体を揃えた上でフュージョンも別途用意するのは相当に困難です。

ダークネス・ゼロローグが特殊召喚される事で効果を発動できるモンスターな事もあり

ダークネス・ローグ魔術のカーテンなどの特殊召喚する手段は半ば必須と言えるでしょう。

前のターンに魔術のカーテンやフュージョンをあらかじめセットしておく事ができれば

いくらかフュージョン召喚が狙いやすくなります。

 

【条件】なし
【永続効果】このカードの攻撃力は
[自分の墓地のモンスター(闇属性/魔法使い族)の数]×300アップする。
このカード以外の自分のモンスターの戦闘で、自分は戦闘ダメージを受けない。

その効果は2つあり

まず墓地の闇属性魔法使い族の数×300だけ自身の攻撃力をアップします。

元々の攻撃力が2800ありフュージョン元の2体も闇属性魔法使い族なので

最低でも3400の攻撃力が確保可能です。

フュージョンモンスター相手であればこの攻撃力でも十分に戦闘破壊が狙えますが

墓地に闇属性魔法使い族を揃える事が出来ればより高い攻撃力を確保しておくことが可能です。

墓地に4体いれば4200打点と大抵のマキシマムも戦闘破壊可能になるので

この数値が一定の目標になるでしょうか。

永続効果という事で相手ターンでも攻撃力が維持されるのがポイントで

墓地が十分に肥えていればマキシマムモンスターですら戦闘破壊は困難となります。

 

もう1つの効果として他のモンスターが戦闘を行ってもダメージを受けません。

普段はダメージ覚悟で攻撃表示で出すような弱小モンスターであっても

安心して攻撃表示で場に出す事が可能となります。

特にダークネス・フォーシーカーはこのカードの攻撃力を高めるのにも貢献してくれるので

出す機会は多いでしょう。

 

 

このカードを扱う以上各種セブンスロードをはじめとする

闇属性魔法使い族で揃えたデッキ構成をしていきたい所です。

墓地次第ではありますが4000を超える攻撃力を確保しやすく

返しのターンにも強いという召喚難易度に相応しい強さを持ったモンスターです。

ただ戦闘面では相当に強いですがそれ以外の耐性は特にないので

ダーク・リベレイションなどの魔法罠には注意する必要があります。

 

 

ラスボスに相応しい強さはしていますが

やはりどうやって出すかが1つの課題となりますね。

他のフュージョン召喚も狙いつつ

出せたら出すぐらいの感覚でいいと思います。

デッキ構築的にマスター・オブ・セブンスロード

魔導竜騎士-セブンスギアスも混ぜやすいですしね。

コメント