PR
スポンサーリンク

《宿神像ケルドウ(しゅくしんぞうケルドウ)》遊戯王OCGカード考察 フリーチェーンで5枚一気に墓地メタ!

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-輝石のデュエリスト編-よりこのカードです。

 

 

カード説明

宿神像ケルドウ(しゅくしんぞうケルドウ)
効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻1200/守1600
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札から他の天使族・地属性モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、デッキから「現世と冥界の逆転」またはそのカード名が記されたカード1枚を手札に加える。
②:自分・相手ターンに、フィールド・墓地のこのカードを除外し、
自分・相手の墓地のカードを合計5枚まで対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。
自分のフィールド及び墓地に「現世と冥界の逆転」が存在しない場合、
この効果の対象は3枚までとなる。

wiki

 

現世と冥界の逆転用のサポートとなる地属性天使族のレベル4モンスターです。

ケルドウのリメイクカードですね。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

全体的に素朴な造形だったケルドウが一転、実に光沢のある実に豪華な仕様に様変わりしています。

特に両手に持った盾のようなものはとても大型になっていますね。

くたびれた印象だった本体も威厳に満ちたように堂々と立っています。

 

スポンサーリンク

 

地属性天使族をコストに自己展開しつつ現世と冥界の逆転の関連カードをサーチ

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札から他の天使族・地属性モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、デッキから「現世と冥界の逆転」またはそのカード名が記されたカード1枚を手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、手札から地属性天使族を捨てる事で

自身を手札から特殊召喚しつつ

効果テキストに「現世と冥界の逆転」の単語が存在しているカードか現世と冥界の逆転そのものを

デッキから特殊召喚する自己展開効果です。

手札コストの必要な展開条件ですが同時にサーチ効果も発動出来るので

実質的な損失はありませんが灰流うららなどで効果を無効にされてしまうと

コストだけ失って特殊召喚もサーチも出来なくなる点には注意です。

それでもキーカードとなる現世と冥界の逆転を直接引っ張ってくる貴重な手段であり

この手の効果では珍しく同名カードもサーチ可能です。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分・相手ターンに、フィールド・墓地のこのカードを除外し、
自分・相手の墓地のカードを合計5枚まで対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。
自分のフィールド及び墓地に「現世と冥界の逆転」が存在しない場合、
この効果の対象は3枚までとなる。

②の効果はお互いのターンに1度、

フィールドか墓地からこのカードを除外する事で

自分の場かフィールドに現世と冥界の逆転が存在していれば5枚を、

存在していなければ3枚のカードをお互いの墓地からデッキに戻すというものです。

一番の発動のタイミングは現世と冥界の逆転の発動にチェーンした場合であり

追加で5枚分のデッキ破壊が発生するので相手の残りデッキが10枚にまで下がります。

剣神官ムドラも同様の効果を持っており同時に発動する事で残り5枚となります。

 

既に墓地に現世と冥界の逆転がある状態で発動した場合には

ピンポイントで墓地メタをしつつ自分の墓地のカードをデッキに戻す運用をするのがいいでしょう。

1枚だけデッキに戻すという事も出来るのであくまでデッキ破壊を阻害しない範囲で

必要な分だけデッキに戻すのがいいでしょう。

 

 

剣神官ムドラもそうですが墓地に現世と冥界の逆転が無かったとしても

フリーチェーンで3枚もの墓地メタが墓地発動で行えるというのは充分強力です。

相手の墓地メタだけでなく自分のEXデッキの再利用にも活用できるのもポイントですね。

現世と冥界の逆転を活用せずともこの効果の為に

直接デッキから墓地へ送って②の効果を活用してもいいでしょう。

デッキから墓地へ送る手段としては森と目覚の春化精などがあり

地属性天使族なので①の効果のコストとしても利用できます。

 

 

真面目にデッキ破壊効果、かなりエグいと思います。

神碑といいデッキ破壊の波も結構きていますね。

コメント