PR
スポンサーリンク

《分かつ烙印》遊戯王OCGカード考察 アルバスサポートでもあるしデメリットモンスター送りつけカードでもある

スポンサーリンク

今回紹介するのはPOWER OF THE ELEMENTS(パワー・オブ・ジ・エレメンツ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

分かつ烙印
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの融合モンスター1体をリリースし、
お互いの墓地のモンスター及び除外されているモンスターの中から、
融合モンスター以外のモンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターをお互いのフィールドに1体ずつ特殊召喚する。
「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、
代わりに対象のモンスター2体を自分フィールドに守備表示で特殊召喚できる。

wiki

 

烙印の新規となる通常罠です。

 

恐らくは深淵竜アルバ・レナトゥスと思われるパーツが破損し

そこからアルバスの落胤が飛び出しています。

この時既に灰燼のアルバスの状態のようにボロボロとなっており

激しい戦闘の末に敗北した感がありますね。

それでも右手にはミラジェイドのパーツをしっかり握りしめているあたり

闘志は消えていないのが見て取れます。

 

スポンサーリンク

 

融合モンスターをリリースしてお互いの場に特殊召喚

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの融合モンスター1体をリリースし、
お互いの墓地のモンスター及び除外されているモンスターの中から、
融合モンスター以外のモンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターをお互いのフィールドに1体ずつ特殊召喚する。
その効果は1ターンに1度、自分の場の融合モンスターをリリースする事で
墓地か除外ゾーンから融合以外のモンスターを2体を選び
お互いの場に1体ずつ特殊召喚するというものです。
融合モンスターをリリースする必要があるので
除去にチェーンしてリリース・エスケープの形で撃つと無駄がないでしょう。
特殊召喚するのはお互いの場に1体ずつする必要がありますが
特殊召喚するモンスターは自分の墓地や除外ゾーンから2枚選んでも
逆に相手の墓地や除外ゾーンから2枚選んでもOKです。
アルバスの落胤を自分の場に蘇生して相手の場に融合素材を送り付ける事で
そのまま2体で融合召喚を狙うといった動きが可能です。
白の烙印などで除外した自分のモンスターを間接的に墓地に戻す動きにも繋がります。
「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、
代わりに対象のモンスター2体を自分フィールドに守備表示で特殊召喚できる。

アルバスの落胤関連の融合モンスターをリリースした場合、

2体とも自分の場に守備表示で特殊召喚する事が可能です。

この場合、相手に送り付けるモンスターを用意する必要もなく

単純に墓地のモンスター2体を蘇生する手段として活用できます。

ちなみにこちらの効果を適用する場合に限り守備表示に限定されます。

リンクモンスターは蘇生できなくなる点には注意です。

 

アルバスの落胤関連の融合モンスターは墓地へ送られて発動する効果が揃っている為に

除外やバウンスをされそうになった時に

リリース・エスケープという形で墓地へ送る手段としても活用できます。

そのまま2体の特殊召喚に繋げられるので

リリース・エスケープ用のカードとしては相当に重宝します。

 

 

 

ラーの使徒あたりのデメリットが発生するモンスターを

墓地や除外ゾーンから相手に送り付けるカードとしても利用可能です。

烙印の名を冠するが故にサーチが容易であり

送り付けを前提とする戦術がとても組みやすいです。

コメント