PR
スポンサーリンク

《壱世壊に澄み渡る残響(ティアラメンツ・クライム)》遊戯王OCGカード考察 早速倒されているカレイドハート

スポンサーリンク

今回紹介するのはPOWER OF THE ELEMENTS(パワー・オブ・ジ・エレメンツ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

壱世壊に澄み渡る残響(ティアラメンツ・クライム)
カウンター罠
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドに「ティアラメンツ」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」が存在し、
モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし、そのカードを持ち主のデッキに戻す。
その後、自分の手札からモンスター1体を選んで墓地へ送る。
②:このカードが効果で墓地へ送られた場合、
除外されている自分の「ティアラメンツ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

wiki

 

【ティアラメンツ】用のカウンター罠です。

 

ヴィサス=スタフロストがティアラメンツ・カレイドハート相手に苦戦している所に

ティアラメンツ・キトカロスがカレイドハートをナイフでぶっ刺しています。

本来の人魚姫の物語では人魚姫は王子様をナイフで刺す事ができませんでしたが

こちらでは王子様が悪役という事もあり遠慮なくアゾットしています。

 

「クライム」とは罪を意味する言葉です。

支配者であるカレイドハートに刃を突き立てるという禁忌を犯したという事なのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

モンスター1体を墓地へ送ってモンスターも魔法罠も無効

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドに「ティアラメンツ」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」が存在し、
モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし、そのカードを持ち主のデッキに戻す。
その後、自分の手札からモンスター1体を選んで墓地へ送る。

①の効果は1ターンに1度、

自分の場にティアラメンツモンスターかヴィサス=スタフロストがいる状態で

モンスター効果や魔法罠が発動した時に

それを無効にしてデッキに戻した後に自分の手札からモンスター1体を墓地へ送るというものです。

モンスターも魔法罠も無効にできる万能のカウンター罠であり

しかもデッキに戻してしまう為に墓地肥やしもさせません。

手札を1枚墓地へ送る必要があるものの各種ティアラメンツは墓地へ送られて発動する効果を持っている為に

これも無駄になりづらいです。

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:このカードが効果で墓地へ送られた場合、
除外されている自分の「ティアラメンツ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、効果で墓地へ送られた場合に

除外されているティアラメンツ1体を手札に加えるというものです。

ティアラメンツ・レイノハート自己蘇生した状態で場から離れると除外されるデメリットがあり

そうして除外されたレイノハートを手札に回収するのが主な用途となるでしょう。

それ以外でも墓地のティアラメンツを墓地コストとして除外するカードを活用するなら

それらを再利用する手段にもなります。

①の効果とは1ターンにどちらか片方しか発動出来ない点に注意です。

①の効果を発動するのは相手ターンが基本になると思うので

自分ターンにおろかな副葬などで墓地へ送ってこちらの効果を発動する分には

あまり問題にはならないでしょう。

 

 

総じて手札消費こそあるものの万能のカウンター罠であり

伏せて置けば何かと相手の動きを妨害するのに役立ちます。

手札を消費したくない場合は相手の除去をわざと誘うようにして

②の効果の発動を狙ってみるのもいいでしょう。

 

 

ちなみによく見ると

イラストでヴィサス=スタフロストが持っている剣はライヒハートのものです。

レイノハートが持っていた武器も今後使うかもしれませんね。

コメント