PR
スポンサーリンク

《古尖兵ケルベク》遊戯王OCGカード考察 古衛兵アギドとセットでえげつないデッキ破壊を狙おう

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-輝石のデュエリスト編-よりこのカードです。

 

 

カード説明

古尖兵ケルベク(こせんぺいケルベク)
効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻1500/守1800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札・デッキからカードが相手の墓地へ送られた場合、
相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。
②:このカードが手札・デッキから墓地へ送られた場合に発動できる。
お互いのデッキの上からカードを5枚墓地へ送る。
その後、自分の墓地に「現世と冥界の逆転」が存在する場合、
自分の墓地から罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットできる。

wiki

 

地属性天使族のレベル4モンスターです。

ケルベクのリメイクモンスターでありレベルや属性種族、攻撃力守備力が一致しています。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

目から激しく放電しています。

全体的に雷を意識したようなデザインに代わっていますね。

基本的な造形は変わらずもこちらの方が若干オモチャっぽくて愛嬌あるデザインですね。

 

スポンサーリンク

 

相手の手札やデッキから墓地へ送られればバウンスしつつ特殊召喚

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札・デッキからカードが相手の墓地へ送られた場合、
相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。

①の効果は1ターンに1度、相手の手札やデッキのカードが墓地へ送られた場合に

相手の特殊召喚されたモンスター1体を手札に戻しつつ

自身を手札から特殊召喚するバウンス&自己展開効果です。

何かしらハンデスやデッキ破壊をするカードがあればそれがトリガーとなり

マインドクラッシュあたりと組み合わせる事でフリーチェーンの除去としても機能します。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが手札・デッキから墓地へ送られた場合に発動できる。
お互いのデッキの上からカードを5枚墓地へ送る。
その後、自分の墓地に「現世と冥界の逆転」が存在する場合、
自分の墓地から罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットできる。

②の効果は1ターンに1度、自身が手札かデッキから墓地へ送られた場合に

お互いのデッキトップからカードを墓地へ送ります。

発動後、墓地に現世と冥界の逆転が存在していれば

さらに墓地のから罠カードをセットする豪華特典もついてきます。

現世と冥界の逆転の発動前であれば発動条件を満たす布石として、

発動後であればデッキ破壊の追い打ちとして機能します。

現世と冥界の逆転が墓地にあれば任意の墓地を再利用できる利便性の高い効果であり

積極的に墓地肥やしを行うイシズデッキにおいて

うっかり現世と冥界の逆転が墓地へ送られてしまった時の回収手段としても機能します。

 

古衛兵アギドとは効果がよく似ており①と②の発動条件が一緒になっています。

どちらも現世と冥界の逆転を主軸に扱うイシズデッキにおいては重宝するカードであり

②の効果の墓地肥やしがお互いの①と②の効果のトリガーにもなるので

基本的にセットで運用して問題ないでしょう。

現世と冥界の逆転を発動した後で2枚とも墓地へ送られれば

そのまま相手のデッキを0にしてしまう事も十分狙えます。

 

 

この手のバウンス効果の常ですが

怪獣を送り付けて再利用する使い方も可能です。

相手が何かしら手札誘発を発動すればバウンスできるので

結構色んなデッキに採用できます。

コメント