PR
スポンサーリンク

《D(ディフォーマー)・イヤホン》遊戯王OCGカード考察 シンクロに2回攻撃を付与できる初のシンクロディフォーマー!

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-輝石のデュエリスト編-よりこのカードです。

 

 

カード説明

D・イヤホン(ディフォーマー・イヤホン)
シンクロ・効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1200/守1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをターン終了時までチューナーとして扱う。
②:フィールドのSモンスター1体を対象として発動できる。
自分のフィールド・墓地からこのカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
③:このカードを装備したモンスターは
1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

wiki

 

【ディフォーマー】の新しい仲間となる地属性機械族のレベル4シンクロモンスターです。

 

白いワイヤレスイヤフォンが変形した2体のロボットです。

元がイヤフォンである事を考えると相当に小型だと思われます。

頭部のデザインなど明らかに龍亜と龍可をイメージしていますね。

龍亜型が両腕にジャマダハルのような刃を装着しており

龍可型は左手に盾を右手に銃を持っています。銃がステレオミニプラグ型なのが凝ってますね。

 

スポンサーリンク

 

墓地からシンクロモンスターの装備カードになって2回攻撃付与

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

シンクロ素材には指定はなくチューナーとチューナー以外を

合計レベルが4になるように揃える事でシンクロ召喚が可能です。

【ディフォーマー】であればD・モバホンで

D・リモコンあたりのレベル3チューナーを特殊召喚する事でシンクロ召喚が可能です。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをターン終了時までチューナーとして扱う。

①の効果は1ターンに1度、特殊召喚した場合に

フィールドのモンスター1体をチューナーとして扱うというものです。

他のモンスターと一緒に並べれば連続シンクロに繋げていけます。

自身にも使用可能でありその場合はレベル4のシンクロチューナーとして扱えます。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:フィールドのSモンスター1体を対象として発動できる。
自分のフィールド・墓地からこのカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
③:このカードを装備したモンスターは
1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

②と③の効果は1ターンに1度、フィールドのシンクロモンスター1体に

フィールドや墓地にいるこのカードを装備カード扱いで装備、

そして装備したモンスターに2回までモンスターに攻撃できる連続攻撃効果を付与します。

①の効果でチューナーになったこのカードをシンクロ素材にして墓地へ送り、

そのまま繋げたシンクロに装備させるのが基本的な使い方となるでしょう。

パワー・ツール・ブレイバー・ドラゴンに装備した場合、

2回攻撃付与によってブレイク・ドローあたりの装備魔法をより活かす事が出来ますし

効果のコストとしても活用しやすいです。

 

 

一旦墓地へ送れば蘇生もしやすい

ディフォーマーとしては初のシンクロモンスターです。

これによりD・リペアユニットやジャンクBOXによる蘇生が可能であり

ダイスで4以上を出せばD・テレホンでも蘇生を狙えます。

一度シンクロ召喚して墓地へ送る事が出来れば

蘇生のしやすいレベル4シンクロチューナーとして活用する事もできるでしょう。

 

自身がチューナーになれる事から

実質的に新たな汎用レベル4シンクロチューナーとしても見る事が可能です。

波動竜フォノン・ドラゴンやルイ・キューピットと違いレベル調整はできませんが

装備カードとなって2回攻撃を付与できる点や

自身だけでなく他のモンスターもチューナーにできる点は他にはない魅力です。

例えばゴヨウ・キングに繋げて相手モンスターを2体ゴヨウするなんて芸当が可能です。

ちなみに地属性なのでゴヨウ・ガーディアンにも繋げられます。

 

 

蘇生制限を満たしていなくとも墓地から装備カードにはなれるので

おろかな重葬などで直接墓地へ落とすのも効果的です。

コメント