PR
スポンサーリンク

《ティアラメンツ・メイルゥ》遊戯王OCGカード考察 ドラゴンメイド・ラドリーの強力なライバル登場!

スポンサーリンク

今回紹介するのはPOWER OF THE ELEMENTS(パワー・オブ・ジ・エレメンツ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

ティアラメンツ・メイルゥ
効果モンスター
星2/闇属性/水族/攻 800/守2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
②:このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、
墓地のこのカードを含む融合素材モンスターを
自分の手札・フィールド・墓地から好きな順番で持ち主のデッキの下に戻し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

wiki

 

【ティアラメンツ】に属する闇属性水族のレベル2モンスターです。

 

籠に包まれたような独特な形状のウォーハンマーを右手に持つティアラメンツです。

ティアラメンツの中で最も幼い印象ですが獲物はもっともゴツいですね。

 

カード名はアイルランドに伝わる人魚「メロウ」からでしょうか。

 

召喚や特殊召喚時に墓地肥やし

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

①の効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚した場合に

デッキの上からカード3枚を墓地へ送る墓地肥やし効果です。

各種ティアラメンツの中では最もシンプルな条件で発動出来る墓地肥やし効果であり

普通に召喚するだけで発動できコストも必要ありません。

 

ただティアラメンツ・レイノハートも同じ条件で効果を発動するので

召喚権を食い合う点には注意が必要です。

どちらか片方は普通に召喚してもう片方は

ティアラメンツ・キトカロスあたりで特殊召喚を狙うといいでしょう。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、
墓地のこのカードを含む融合素材モンスターを
自分の手札・フィールド・墓地から好きな順番で持ち主のデッキの下に戻し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

②の効果は1ターンに1度、効果によって墓地へ送られた場合に

自身を含む融合素材を手札、フィールド、墓地からデッキボトムに戻す事で

融合モンスターをEXデッキから融合召喚するというものです。

レイノハート以外のメインデッキのティアラメンツが共通で持つ効果であり

【ティアラメンツ】はこの共通効果によって融合を狙っていく事になります。

墓地へ送る手段は豊富にあるので発動機会には困らないでしょう。

あくまで効果によって墓地へ送られないといけないので

コストなどでは発動できない点には注意です。

 

 

ラドリーとの使い分け

各種ティアラメンツの中では最もシンプルな効果で

とりあえず召喚さえすれば仕事をしてくれる存在です。

レベル2故にバージェストマとも相性がよく

ティアラメンツにバージェストマを混ぜるような構成でも活躍してくれるでしょう。

 

 

何気に①の効果はドラゴンメイド・ラドリーとまったく同じものになっています。

こちらは自身が墓地へ送られた場合にも効果を発動出来るのがポイントで

ティアラメンツ・キトカロスをはじめとする様々な融合モンスターに繋げられます。

水族であるが故にバージェストマと合わせて餅カエルのエクシーズ素材になれるのもポイントです。

バージェストマに混ぜるのであればこちらの方が相性がいいとも言えるでしょう。

 

逆にドラゴンメイド・ラドリーは水属性サポートやドラゴン族サポートに対応する点、

最上級ドラゴンメイドの蘇生に繋げられる点で差別化が可能です。

そもそもどちらもレベル2モンスターなので共有もしやすく

いっその事両方とも採用する形にしてしまうのもいいでしょう。

 

 

マスターデュエルにおいて

【エルドリッチ】にラドリーを混ぜる構成が流行りましたが

このカードが実装されたらこちらを混ぜる型も出そうですね。

 

コメント