PR
スポンサーリンク

《ティアラメンツ・ハゥフニス》遊戯王OCGカード考察 後攻0ターン目にいろいろ展開できます

スポンサーリンク

今回紹介するのはPOWER OF THE ELEMENTS(パワー・オブ・ジ・エレメンツ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

ティアラメンツ・ハゥフニス
効果モンスター
星3/闇属性/水族/攻1600/守1000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手がフィールドのモンスターの効果を発動した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
②:このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、
墓地のこのカードを含む融合素材モンスターを
自分の手札・フィールド・墓地から好きな順番で持ち主のデッキの下に戻し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

wiki

 

【ティアラメンツ】に属する闇属性水族のレベル3モンスターです。

 

短めのサーベルを逆手の二刀流で持つ長髪のティアラメンツです。

よく見るとそばかすがあるのが確認できます。

ティアラメンツ・キトカロスやティアラメンツ・シェイレーンも武器を逆手で持っているので

彼女達の腕の形状だと逆手の方が持ちやすいのかもしれませんね。

 

目がかなり淀んでおり壱世壊に軋む爪音のイラストでも顔を顔を隠しています。

ダウナー気味で人見知りのする性格なのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

相手がモンスター効果を発動すれば特殊召喚されて墓地肥やし

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手がフィールドのモンスターの効果を発動した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

①の効果は1ターンに1度、相手がフィールドでモンスター効果を発動した時に

自身を手札から特殊召喚しつつデッキトップからカードを3枚墓地へ送るというものです。

相手依存の特殊召喚条件となりますが発動条件自体はとても緩く

相手の先行1ターン目での特殊召喚も狙いやすいです。

灰流うららで妨害こそされますが特殊召喚と墓地肥やしが同時であり

妨害された場合には手札に残ったまま次のターンに再度効果発動が狙えます。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、
墓地のこのカードを含む融合素材モンスターを
自分の手札・フィールド・墓地から好きな順番で持ち主のデッキの下に戻し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

②の効果は1ターンに1度、効果によって墓地へ送られた場合に

手札、フィールド、墓地から自身を含む融合素材をデッキへ戻して

融合モンスターをエクストラデッキから融合召喚するというものです。

レイノハート以外のメインデッキのティアラメンツが共通で持っている効果であり

ティアラメンツが持つ様々な墓地肥やし効果から発動が狙えます。

 

 

相手の先行1ターン目に色々動ける

発動条件の関係上相手ターンでの特殊召喚が基本であり

「相手の先行1ターン目に展開が行える」という貴重な特性を持ったカードです。

運こそ絡みますが①の効果によって他のティアラメンツが墓地へ送られれば

そのまま融合召喚へ繋げる事も可能です。

これでティアラメンツ・キトカロスの融合召喚が狙えればしめたもので

そこからさらにティアラメンツを墓地に落として捕食植物ドラゴスタペリアを出し

相手の妨害をするなんて動きも可能です。

 

勿論ティアラメンツ以外でも墓地へ送られた場合に発動する効果持ちであれば

このカードから相手の先行1ターン目に効果の発動が狙えます。

例えば彼岸の悪鬼 アリキーノや彼岸の悪鬼 ファーファレルが墓地へ送られても

相手の妨害に繋げる事が可能です。

そうでなくても相手の先行1ターン目に相手が布陣を整える前に

墓地送りからサーチや展開などを行っていく事もできる

独自のポテンシャルを秘めたカードだといえるでしょう。

 

相手ターンに融合召喚が狙えるというのは相手の先行1ターン目に限らず重要です。

墓地が十分に肥えていれば

ティアラメンツ・カレイドハートの融合召喚も狙っていきやすいです。

 

コメント