PR
スポンサーリンク

《無千ジャミング》遊戯王OCGカード考察 つまり攻撃力950のモンスターが最強って事さ!

スポンサーリンク

今回紹介するのはPOWER OF THE ELEMENTS(パワー・オブ・ジ・エレメンツ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

無千ジャミング
永続魔法
①:フィールドに攻撃力1000以上のモンスターが存在する場合、
モンスターが戦闘を行うダメージ計算時に発動する。
フィールドの全てのモンスターは、
攻撃力がその攻撃力1000につき1000下げた数値になり、
守備力がその守備力1000につき1000下げた数値になる。
②:このカードが破壊された場合に発動する。
フィールドの全てのモンスターはターン終了時まで、
攻撃力がその攻撃力1000につき1000下げた数値になり、
守備力がその守備力1000につき1000下げた数値になる。

wiki

 

汎用の永続魔法です。

 

明らかに無線LANのそれを思わせる装置から禍々しいオーラが漂っており

ザ・カリキュレーターがエラーを起こしています。

カード名からするとこの装置からジャミングが発生しているのでしょう。

よく見るとこのオーラ、何か無線LANを手で掴んでいる風にも見えますね。

 

スポンサーリンク

 

攻撃力守備力の下3ケタ以外は全て抹消

①:フィールドに攻撃力1000以上のモンスターが存在する場合、
モンスターが戦闘を行うダメージ計算時に発動する。
フィールドの全てのモンスターは、
攻撃力がその攻撃力1000につき1000下げた数値になり、
守備力がその守備力1000につき1000下げた数値になる。

①の効果は場に攻撃力1000以上のモンスターが存在している状態で戦闘を行うダメージ計算時に

フィールドの全てのモンスターの攻撃力守備力が

それぞれ攻撃力守備力1000につき1000下げた数値になるというものです。

文字だけだとピンとこない人がいると思いますが簡単に言うならば

1000や万の位の攻撃力守備力分そのモンスターのステータスが下がり

結果的に下三ケタのみを参照して戦闘を行うという事です。

例えば攻撃力2100のサイバー・ドラゴンは攻撃力100、

攻撃力2500のブラック・マジシャンは攻撃力500、

攻撃力1950の竜剣士マスターPは950になります。

 

②:このカードが破壊された場合に発動する。
フィールドの全てのモンスターはターン終了時まで、
攻撃力がその攻撃力1000につき1000下げた数値になり、
守備力がその守備力1000につき1000下げた数値になる。

②の効果は破壊された場合にフィールドの全てのモンスターはそのターンの間

攻撃力と守備力が1000につき1000ずつ下げた数値になるというものです。

①の効果と同じステータス変更ですが発動するのが破壊されたタイミングなので

その後に攻撃力を上げるなり高攻撃力のモンスターを出すなりがしやすいです。

結果としては破壊された後のステータス低下の保険としては

少々心もとない点には注意しましょう。

 

 

フィールドに与えるモンスターの攻撃力に大きな影響を及ぼすカードであり

4000とか5000とか高い攻撃力を誇るモンスターであっても

このカードが発動していれば下級モンスターに簡単に戦闘破壊されかねません。

このカードの適用時で特に輝くのは

攻撃力の下3ケタが950のモンスター達であり

機巧鳥-常世宇受賣長鳴、ヴェルズ・ナイトメアなどが該当します。

通常モンスターとしてはヴェルズ・ヘリオロープやヴェルズ・ヘリオロープも該当するので

これらを活用する通常モンスター軸のデッキなどでは活用しやすいでしょうか。

このカードを上手く意識する事で下級モンスターでもエース級のモンスターを突破しやすくなり

特に下級モンスターを積極的に場に残すデッキであれば輝くカードと言えます。

 

 

攻撃力950ラインには及ばずとも

下3ケタが900のモンスターも十分活躍可能であり

こちらには該当するモンスターが数多く存在します。

ライオウやコアキメイルあたりを採用したメタビートに組み込んでみるのも

面白いかもしれませんね。

 

コメント