PR
スポンサーリンク

《砂塵の大ハリケーン》遊戯王OCGカード考察 ネタカードに見えて色んな使い方ができる!

スポンサーリンク

本日4月23日、いよいよPOWER OF THE ELEMENTS(パワー・オブ・ジ・エレメンツ)の発売です。

今回紹介するのはそのパワー・オブ・ジ・エレメンツよりこのカードです。

 

カード説明

砂塵の大ハリケーン
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の魔法&罠ゾーンにセットされたカードを任意の数だけ対象として発動できる。
セットされたそのカードと、このカードを持ち主の手札に戻す。
その後、自分はこの効果で手札に戻ったカードの数だけ、
手札から魔法・罠カードをセットできる。

wiki

 

汎用の通常罠です。

大嵐やハリケーンの系譜となるカードであり2つの巨大な竜巻が

砂埃を巻き上げながら農家を襲っています。

大嵐やハリケーンよりは被害が少ないものの家の一部が破損している世数が見られ

男性が崩れ落ちている様子が確認できます。

その隣で座る牛がなんともシュールですね。

 

スポンサーリンク

 

何度でも使える自分のセットされた魔法罠のバウンス

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の魔法&罠ゾーンにセットされたカードを任意の数だけ対象として発動できる。
セットされたそのカードと、このカードを持ち主の手札に戻す。
その後、自分はこの効果で手札に戻ったカードの数だけ、
手札から魔法・罠カードをセットできる。

その効果は1ターンに1度、

自分の魔法罠ゾーンにセットされたカードをこのカードと一緒に任意の数だけ手札に戻して

戻したカード数だけ再び魔法罠を手札からセットするというものです。

局所的ハリケーンの効果を自分だけに適用しつつ

砂塵の大竜巻のように再セットする効果を付与したような効果となっています。

選択したカードがチェーンして発動して表側になった時には

それは手札に戻せない点には注意しましょう。

 

直接的なアドバンテージに繋がるカードではないですが

何度でも繰り返し再利用できるのが大きなポイントです。

もっとも汎用性の高い使い方と思われるのは

相手の魔法罠除去にチェーンして発動して伏せカードを手札に戻し、

その魔法罠除去を無駄撃ちさせる使い方でしょう。

特にハーピィの羽根帚やライトニング・ストームのような全体除去に対して効果的で

このカードを一緒に伏せていればこれらの心配をせずにガン伏せする事が可能です。

魔法罠を守る目的であればスターライト・ロードや大革命返しなどもありますが

天霆號アーゼウスのような破壊しない除去からも守れるのは大きなポイントです。

 

また砂塵の大竜巻のように相手ターンに魔法罠をセットできるのを利用して

アルティマヤ・ツィオルキンの効果をフリーチェーンで発動するのにも役立ちます。

こちらは毎ターン繰り返して利用ができるので

よりアルティマヤ・ツィオルキンの効果を複数回発動しやすいです。

 

単純にサプライズ・チェーンや積み上げる幸福、連鎖爆撃のように

チェーン数を参照するカードを活用する場合にそのチェーン数を増やす使い方もあります。

繰り返し発動できるので毎ターン継続的なチェーン数の増加に貢献してくれます。

 

 

このように一見あまり意味のない効果のように見えて様々な使い方が考えられるカードです。

「使い減りしないフリーチェーンで発動出来る罠カード」という独自性を

上手く活かしていきましょう。

 

それにしても相変わらず牛さんの受難は続きますね。

コメント