PR
スポンサーリンク

《強い少年セブンスロード》遊戯王ラッシュデュエル考察 7億ダメージとかいう数値インフレの極致

スポンサーリンク

5月2日に「遊☆戯☆王SEVENS ボクの発明学園」第1巻が発売されます。

今回紹介するのはそれの付属として登場するこのカードです。

 

 

カード説明

強い少年セブンスロード
効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2100/守1500
【条件】自分の墓地にモンスターがいる場合、デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】このカードの攻撃力はターン終了時まで、
[自分の墓地のモンスターの属性の種類]×200アップする。
相手のLPが700以下の場合、さらに相手に7億ダメージを与える。

wiki

 

闇属性魔法使い族のレベル7モンスターです。

 

全体的にデフォルメされているセブンスロード・マジシャンです。

佐々木恵先生特有の圧というか毒素が感じられる絵柄ですね。

 

スポンサーリンク

 

ライフが700以下の相手は死ぬ

【条件】自分の墓地にモンスターがいる場合、デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】このカードの攻撃力はターン終了時まで、
[自分の墓地のモンスターの属性の種類]×200アップする。
相手のLPが700以下の場合、さらに相手に7億ダメージを与える。

その効果は1ターンに1度、

デッキトップから墓地を1枚送る事でそのターンの間

墓地のモンスターの属性種類×200だけ自身の攻撃力をアップさせる自己強化効果です。

セブンスロード・マジシャンと同じ条件の攻撃力上昇ですが

あちらよりも強化量が100低く墓地に属性が2種類の状態で

ようやく最上級モンスターラインである2500打点になります。

その代わりとも言うべきか相手のライフが700以下の状態で発動する事で

相手に700000000のバーンダメージを与える事が可能です。

インフレの極致のような数字ですがいかんせん相手のライフが700以下限定なので

実質的に

「相手のライフが700以下で発動できれば相手のライフを0にする」みたいな効果となっています。

 

逆に言えば相手のライフが700以下でなければ

ただのセブンスロード・マジシャンの劣化版であり

全体的な使い勝手ではあちらに劣るでしょう。

とはいえ効果は使いづらいというほどのものでもなく

墓地に属性が3種類以上あれば2500打点を一方的に戦闘破壊できるので

充分に実用的な性能は持っています。

そもそもレベル7以上の魔法使い族というだけでも貴重な存在であり

各種ロード・マジックを積極的に活用しようというのであれば

「ただの劣化版」としても採用する価値はあります。

 

7億という冗談みたいなダメージを叩き出すカードとは裏腹に

その実堅実的な性能を持ったカードだと言えるでしょう。

 

エイプリルフールに発表されたカードらしい

投げやりな数値を持ったカードです。

実質「相手のライフが700以下で発動できれば勝ち」みたいな効果なので

どれだけ数値が高くても意味があまりないのですが

こういう遊び心がラッシュデュエルにはありますね。

コメント