《白銀の城の竜飾灯(ラビュリンス・シャンドラ)》遊戯王OCGカード考察 繰り返し手札に回収できる優秀な手札コスト!

今回紹介するのはデッキビルドパック タクティカル・マスターズよりこのカードです。

 

 

カード説明

白銀の城の竜飾灯(ラビュリンス・シャンドラ)
効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1500/守 0
このカード名の①②効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、手札を1枚捨てて発動できる。
手札・デッキから「ラビュリンス」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが墓地に存在する状態で、
自分の通常罠カードの効果でモンスターがフィールドから離れた場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

wiki

 

【ラビュリンス】に属する闇属性悪魔族のレベル3モンスターです。

 

カップの部分がドラゴンの頭となっている白銀のシャンデリアです。

ドクロのマークがついた黒い蝋燭が印象的です。

頭上から侵入者をその炎で攻撃する役割を担っているのでしょうね。

ちょっと目つきが怪しくてオネエ口調で話すのが似合いそうなモンスターです。

 

カード名は「シャンデリア+ドラゴン」からでしょう。

 

スポンサーリンク

 

通常罠でモンスターが離れれば墓地から手札に回収

このカード名の①②効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、手札を1枚捨てて発動できる。
手札・デッキから「ラビュリンス」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

①の効果は1ターンに1度、手札かフィールドから他の手札1枚と共に墓地へ送る事で

手札かデッキからラビュリンス魔法罠を自分の場にセットできるというものです。

白銀の城の火吹炉もまったく同じ効果を持っています。

この効果単体では2:1のディスアドバンテージとなりますが

デッキから直接魔法罠を引っ張ってこれる上に

白銀の迷宮城やウェルカム・ラビュリンスは継続的にアドバンテージを生み出す事も可能であり

②の効果も考えればアドバンテージ的に得をする事も多いです。

白銀の城の狂時計の発動効果のトリガーにもなるのでそこも意識しておくといいでしょう。

 

ただ灰流うらら発動を妨害されるのでそこは注意しましょう。

 

 

このカード名の①②効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地に存在する状態で、
自分の通常罠カードの効果でモンスターがフィールドから離れた場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、

自分の発動した通常罠でモンスターがフィールドから離れた場合に

このカードを墓地から手札に加える自己回収効果です。

手札に回収する事で再び①の効果を狙っていく事が可能となります。

 

 

白銀の城の火吹炉とは①の効果が同じで②の効果もかなり似た性能となっていますが

あちらが蘇生するのに対してこちらは手札に回収される事が違いとなっています。

①の効果が手札からでも発動できるので除去の心配などなしに効果の発動が狙える他

他のカードの手札コストにできるのもポイントです。

とりあえず除去系の罠カードを積極的に活用する事で気軽に墓地から手札に回収できるので

手札コストとしてかなり優秀なカードです。

 

 

守備力0の闇属性なので悪夢再びに対応していますが

元から手札に回収できるのでそこまで頼る機会は少ないかもしれません。

ただ②の効果は1ターンに1度、なので

複数枚このカードが墓地にあるという状況では意味があると思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました