PR
スポンサーリンク

《クローラー・ソゥマ》遊戯王OCGカード考察 クローラー出張セットが検討できるぐらいのスペックの高さ!

スポンサーリンク

今回紹介するのはPOWER OF THE ELEMENTS(パワー・オブ・ジ・エレメンツ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

クローラー・ソゥマ
効果モンスター
星6/地属性/昆虫族/攻2000/守2500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターを裏側守備表示にする。
このターン、対象のモンスターは表示形式を変更できない。
②:自分メインフェイズに発動できる。
このカードのレベルを2つまたは4つ下げ、レベルの合計が下げた分と同じになるように、
自分の手札・デッキ・墓地から「クローラー」モンスターを選んで
表側守備表示か裏側守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

wiki

 

【クローラー】の新規となる地属性昆虫族のレベル6モンスターです。

 

金と銀をベースとした細身の四肢を持つクローラーです。

虫型というよりは人型に近い造形をしていますが手が細長く伸びており

肩からも足のようなものが生えており昆虫としての6本足もイメージされています。

色合い的にはクローラー・パラディオンが変形した姿でしょうか。

もはやクローラーというよりはジャックナイツの方に近い見た目をしています。

元々クローラーはジャックナイツの手駒として作られたものであり

長い年月を絵てクローラー・パラディオンがジャックナイツとしての役割を持ったのかもしれません。

 

背景は荒廃しており教導国家ドラグマのようにも見えます。

もしかしたら星遺物関係のテーマもアルバス関連のストーリーに絡んでくるかもしれませんね。

 

「ソゥマ」とはこの場合は神経細胞体表すソーマの事だと思われます。

インド神話にもソーマと呼ばれる神酒が存在しており

そちらの意味合いも込められているかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

モンスターを裏側守備にしつつ特殊召喚してクローラー2体を追加で特殊召喚

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターを裏側守備表示にする。
このターン、対象のモンスターは表示形式を変更できない。

①の効果は1ターンに1度、自分の場の表側モンスター1体を裏側守備表示にしつつ

自身を手札から特殊召喚する自己展開効果です。

とにかく何かしらリンク以外の適当なモンスターが場にいれば

それを裏側守備表示にする事で特殊召喚できるというもので

とても緩い条件で展開する事が可能です。

裏側守備表示にするモンスターはクローラーをはじめ

リバース効果持ちを裏側守備表示にするとより無駄がないでしょう。

他にも攻撃力の低いモンスターを攻撃表示で出さざるを得ない場合に

裏側守備表示にする事でサンドバッグ化を回避させたりなどの活用法もあります。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分メインフェイズに発動できる。
このカードのレベルを2つまたは4つ下げ、レベルの合計が下げた分と同じになるように、
自分の手札・デッキ・墓地から「クローラー」モンスターを選んで
表側守備表示か裏側守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

②の効果は1ターンに1度、自身のレベルを2か4下げる事で

下げたレベルと同じ合計レベル分のクローラーを

手札、デッキ、墓地から1種類ずつ表側守備表示か裏側守備表示で特殊召喚できるというものです。

クローラーの大半は2レベルなので2レベル下げれば1体、

4レベル下げれば2体出せるものと考えていいでしょう。

4レベル下げればこのカードと合わせてレベル2が3体揃う事になるので

素材3体のランク2エクシーズやリンク3に繋げる事が可能です。

1体は裏側守備表示で出してリバース効果を狙いつつ

2体で各種クローラーリンクのリンク召喚へ繋げるのもいいでしょう。

 

 

クローラー以外のデッキに出張セットを検討してもいいぐらい

もうヤケクソレベルで強いですね

とりあえず適当なモンスター1体場に出せばそれを裏側守備表示にして特殊召喚でき

そこからデッキからさらに2体のクローラーを特殊召喚できます。

表側でも裏側でも出せるので素材にする場合でもリバース効果を活用する場合でも有用と

とにかく【クローラー】にとっては素晴らしい展開手段となってくれます。

 

このカードの特殊召喚がそのまま他のクローラー2体の特殊召喚に繋がるので

【クローラー】のみならず裏側守備表示にする事がメリットになるモンスターを使っているのであれば

他のクローラー2体と合わせて出張させる価値が十分にあります。

実際に②の効果はデッキのみならず手札や墓地からも特殊召喚できるので

除外されない限りは他のクローラーを2枚だけ採用するという形でも活かせるので

このカード3枚+他のクローラー2枚という出張セットは1つの選択肢となるでしょう。

その場合は墓地肥やし効果を持つクローラー・デンドライトと

モンスター破壊効果を持つクローラー・スパインが

汎用性が高くいざという時に単体でも仕事ができるのでオススメです。

 

 

レベル2を3体出せるカードなので

ランク2のエクシーズ主体のデッキでも活用しやすそうですね。

昆虫族デッキに甲虫装機 ピコファレーナなどの

リンク召喚要因として採用するのも面白そうです。

コメント

  1. 乙事主 より:

    こいつ自体は鬼強いのですが、サーチするのにレセプターをリバースする手間があるんですよね…

  2. 匿名 より:

    これが出張できるなら創造の代行者ヴィーナスも出張されてるからなぁ…