PR
スポンサーリンク

《イモータル・ドラゴン》遊戯王OCGカード考察 墓地へ送る事が出来ないアンデット族もいるので注意しよう

スポンサーリンク

今回紹介するのはDIMENSION FORCE(ディメンション・フォース)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

イモータル・ドラゴン
シンクロ・チューナー・効果モンスター
星6/闇属性/アンデット族/攻 500/守2400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送り、
このカードのレベルを、そのモンスターとこのカードの元々のレベルの差の数値と同じにする。
②:このカードが墓地に存在する状態で、
自分のアンデット族モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

wiki

 

闇属性アンデット族のレベル6シンクロチューナーです。

恐らくは瑚之龍のアンデット体だと思われ攻撃力と守備力が反対になっています。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

体が茶色と黒に変色している他、いたる所が骨になっています。

血のような海を泳いでいる骨だけの魚が印象的です。

イモータルとは「不死」という意味であり実にアンデットらしいネーミングで

ちょっと「コーラル」と語呂を似せて来た感じですね。

 

スポンサーリンク

 

墓地へ送ったアンデット族とのレベル差と同じレベルに

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

シンクロ素材に特に指定はなく

チューナーとチューナー以外の合計レベルが6になるように揃える事でシンクロ召喚できます。

とはいえ効果を考えるとアンデット族メインのデッキで活用する事になるでしょう。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送り、
このカードのレベルを、そのモンスターとこのカードの元々のレベルの差の数値と同じにする。

①の効果は1ターンに1度、デッキからアンデット族1体を墓地へ送る事で

墓地へ送ったカードとこのカードの元々のレベルの差に自身のレベルを変更するというものです。

例えばレベル4のアンデット族を墓地へ送った場合は

レベル差が2なのでこのカードのレベルが2に変更されます。

 

アンデット族の墓地肥やしが行える便利な効果ですが注意点がいくつかあり

まずこのカードの元々のレベル差がないモンスター、つまりレベル6は墓地へ送れません。

また墓地へ送った後は必ずレベルが変動しなければいけません。

例えばこのカードのレベルが4になっている状態ではレベル4モンスターは墓地へ送れません。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地に存在する状態で、
自分のアンデット族モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、自分のアンデット族が戦闘破壊された時に

自身を墓地から特殊召喚する自己蘇生効果です。

このカードはシンクロチューナーなので

シンクロ召喚後に更なるシンクロに繋げる形で墓地へ送っておくといいでしょう。

アンデット族が戦闘破壊された後のフォローの1つとして活用でき

守備力が2400あるのである程度壁としても機能してくれます。

 

この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

デメリットとしてこの効果で自己蘇生すると

フィールドから離れた場合に除外されてしまいます。

相手ターンでの蘇生が主となるので除去されてしまう可能性は高いですが

生き残った場合には①のレベル調整を上手く活かしてエクシーズ素材にする事が出来れば

再度自己蘇生が狙えるようになります。

 

 

狙ったアンデット族を墓地へ送りつつ

更に狙ったレベルのシンクロ召喚へ繋げるには骨(コツ)がいりますが

墓地肥やしをしながらシンクロ召喚の繋ぎになる便利なカードです。

マッドマーダーやシノビネクロなどレベル2のアンデット族墓地へ送る事でレベル4になるので

「レベル2のアンデット族の墓地肥やしに使いつつレベル4シンクロチューナーとして使う」

といった感じに用途をはっきりさせておくといくらか使いやすくなると思います。

 

 

アンデット族シンクロはチューナーにアンデット族を指定するものが多いので

アンデット族に他の種族のチューナーを混ぜた場合でも

このカードを経由する事でそれらに繋げられます。

無理してシンクロ召喚へ繋げずとも、

好きなアンデット族を墓地へ送った後にリンク素材にでもするだけでも充分に有用です。

 

コメント