PR
スポンサーリンク

《EM(エンタメイト)ジェントルード》遊戯王OCGカード考察 レディアンジュと一緒なら実質手札消費0でペンデュラム!

スポンサーリンク

今回紹介するのはDIMENSION FORCE(ディメンション・フォース)よりこのカードです。

 

 

カード説明

EMジェントルード
ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1500/守1000
【Pスケール:青8/赤8】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:もう片方の自分のPゾーンに「EMレディアンジュ」が存在し、
自分フィールドのモンスターが、存在しない場合またはPモンスターのみの場合に発動できる。
デッキから「オッドアイズ」カード1枚を手札に加える。
【モンスター効果】
このカード名の①②のモンスター効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードが破壊された場合に発動できる。
デッキから「EMジェントルード」以外の「EM」Pモンスター1体を選んで自分のPゾーンに置く。
②:このカードがEXデッキに表側表示で存在する場合、手札からPモンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札に加える。
その後、自分のPゾーンの、「EM」カードまたは
「オッドアイズ」カード1枚を選んで持ち主の手札に戻す事ができる。

wiki

 

エンタメイトの新しい仲間となる闇属性悪魔族のレベル4ペンデュラムモンスターです。

 

右手に魔導書、左手にマイクを持ったタキシードとシルクハットの悪魔です。

全体的に天使であるEMレディアンジュとセットでデザインされてあるカードであり

遊矢が良く使う口上の1つである

「レディース&ジェントルメーン(紳士淑女の皆さん)」が

名前の由来になっていると思われます。

 

ルードとは「失礼」や「無作法」を意味する言葉ですが

同時に不良系を意識したファッションの名前でもあります。

 

スポンサーリンク

 

相方と一緒にPゾーンにセットすればオッドアイズサーチ

【Pスケール:青8/赤8】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:もう片方の自分のPゾーンに「EMレディアンジュ」が存在し、
自分フィールドのモンスターが、存在しない場合またはPモンスターのみの場合に発動できる。
デッキから「オッドアイズ」カード1枚を手札に加える。

ペンデュラム効果は1ターンに1度、

もう片方のペンデュラムゾーンにEMレディアンジュがおり

かつ自分のモンスターがいないかペンデュラムのみの場合に

デッキからオッドアイズカード1枚を手札に加えるサーチ効果です。

レディアンジュは自身を手札コストにする効果かつこのカードが場にある場合に

墓地からPゾーンにセットできる効果を持っており

条件さえ整えば少ない手札で条件を満たす事が可能です。

「モンスターがいないかペンデュラムしかいない」という発動条件も

ペンデュラム中心のデッキであれば満たすのは難しくないでしょう。

 

レディアンジュと合わせてスケールが1~8と幅広く

サーチしたオッドアイズをそのままペンデュラム召喚で場に出しやすいです。

サーチするオッドアイズはモンスターと魔法罠どちらでもよく

オッドアイズ・アドベントやオッドアイズ・フュージョンをサーチする事もできます。

 

このカード名の①②のモンスター効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードが破壊された場合に発動できる。
デッキから「EMジェントルード」以外の「EM」Pモンスター1体を選んで自分のPゾーンに置く。

モンスター効果の②は1ターンに1度、このカードが破壊された場合に

同名カード以外のエンタメイトペンデュラムをデッキから自分のPゾーンに置くというものです。

ペンデュラムカード故に魔法罠除去を狙われやすいですが

この効果によって破壊された後も一定のフォローが可能です。

とはいえこの効果があるが故にもう片方のペンデュラムゾーンのカードが

除去に習われるケースの方が多いでしょう。

 

このカード名の①②のモンスター効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:このカードがEXデッキに表側表示で存在する場合、手札からPモンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札に加える。
その後、自分のPゾーンの、「EM」カードまたは
「オッドアイズ」カード1枚を選んで持ち主の手札に戻す事ができる。

モンスター効果の②は1ターンに1度、

手札からペンデュラム1体を捨てる事で

表側表示でエクストラデッキにいるこのカードを手札に加えつつ

自分のペンデュラムゾーンのエンタメイトかオッドアイズを手札に戻せるというものです。

手札コストこそ必要なもののこのカードの再利用に繋げつつ

ペンデュラムゾーンのカードを手札に戻して効果の再利用なんて事も可能です。

 

①のモンスター効果とは1ターンにどちらか片方しか発動できないので

相手ターンに①の効果を、自分ターンに②の効果をといった感じで意識するといいでしょう。

タイムラグこそありますが①の効果でPゾーンにセットしたペンデュラムを手札に戻す事で

疑似的なサーチとしても機能します。

 

相方と一緒にスケール要員になろう

相方であるEMレディアンジュと一緒になってこそ真価を発揮できるカードであり

あちらの効果で手札交換をしつつ墓地肥やしをし

こちらがPゾーンにセットされればあちらをPゾーンにセットする事ができ

このカードのペンデュラム効果でサーチをしつつスケール1と8が揃います。

結果として実質的な手札消費0枚でレベル2~7のペンデュラム召喚に繋げられます。

EMジェントルードとEMレディアンジュあとは適当なエンタメイト1体で成立し

どちらもEMドクロバット・ジョーカーなどでサーチが可能なので

準備を整えるの難しくないでしょう。

 

相方のEMレディアンジュ含めてモンスター効果はいずれも

モンスターゾーン以外で効果を発揮する類のものであり

スケール要員として活用する事で真価を発揮するようにデザインされています。

 

 

どちらもペンデュラムモンスターを手札コストにする効果を持っているのも特徴で

ペンデュラムモンスターを墓地へ送る手段としても機能します。

特にEMオッドアイズ・バトラーのように

墓地で発動する効果を持ったペンデュラムモンスターを活用する場合に

この点が活きてくると思います。

コメント