PR
スポンサーリンク

遊戯王SEVENS(セブンス)第82話『ドーロ・オブ・ザ・ラッシュ』感想 従兄弟を名乗る不審者!

スポンサーリンク

遊戯王セブンス82話の感想です。

 

 

前回のあらすじ:師弟勢ぞろい(なおこのあと同士討ち)

 

 

セブンス仮装大賞

死者蘇生が消えてしまった事で皆の記憶を取り戻すにはどうするかで悩む一同、

そこでルークが提案したのはもう1度やり直せばいいというものでした。

というわけでラッシュデュエル誕生の経緯から再現ドラマを演じる事にしました。

・・・よし言わせてもらいましょう。

ルークお前監督っぽい事したいだけだろ!

 

しかしここで問題が1つあります。再現シーンをするにしても

主要な人物の記憶が失っているので再現するにできません。

というわけで色々と代役を用意する事にしました。

例えば遊我の友人であるリク役にはシュベールを、オーティス役にはセバスチャンをといった感じです。

リク君はそもそも記憶失っているんでしょうか、本人に頼めばいいような気もしますが。

なおカツ役はハトラップです。なめとんのか

 

さてそんなこんなでオーティスとラッシュデュエルをするシーンを再現しようとするのですが

この場面、ロミンはロアにスパイを頼まれてこの場所に来ています。

しかしロアも記憶を失っているのでロミンにスパイを申し込む人がいません。

というわけでロミンちゃんの前に突然ロアの恰好をしたギャリアンが現れました。

これにはロミンちゃんもドン引きしてそそくさと距離を取っていきます。

・・・うんギャリアン君。多分記憶失ってなくてもドン引きしてたと思うよ。

でも無茶振りされた中頑張りました、シュベールならもう少し違う結果だったかもしれません。

というわけでロミンも蘭世に代役頼むとしてまずはガクトの記憶を取り戻す事にしました。

蘭世ちゃんやたらノリノリです。

 

スポンサーリンク

 

ガクティングしていた頃のお前はもっと輝いていたぞ!

しかしそんなガクトですが記憶だけでなく人格も大幅に変わっていました。

それこそ第1話の頃とも違って別人のように冷たくなっています。

ラッシュデュエルを作り出そうとする遊我を厳罰に問うといい裁判に出頭を要請します。

その背後には蘭世と凛之助に代わる別の覆面を被った従者が存在しており

恐らく裏七星が手をまわして色々と吹き込んでいるのだと思われます。

 

 

そんなまるで別人のようなガクトなので第1話の再現をしようとしても

明らかにガクト本人の行動が違ってきています。

最たるものが発電の為に遊我の自転車を取りにいって漕いでいたシーンで

現在のガクトにはそんな優しさもバイタリティもありません。

ペナルティを受けると言われても特に気にした様子もなく

ただただラッシュデュエルを醜悪なものといい粛清をするといいます。

なおこのシーン再現は穴だらけのガタガタな代物でしたがガクトは普通に信じているようです。

騙されやすいという部分は変わっていないのかもしれません。

 

 

そんな冷酷で優しさの失った、悪役な高笑いまでする主に耐えかねた凛之介が

ガクトにラッシュデュエルを挑みます。

こざかしい猿芝居ではなくデュエルでないとデュエリストは分かり合えないと。

そんな凛之介の言葉に感化されギャリアンとシュベール、セバスチャンも

それぞれの主の元へと駆け付ける決心をしました。

ガクトは凛之介を悪しき主張に染まったといい

邪道を証明する為にラッシュデュエルを受けて立つといいます。

こうして凛之介VSガクトのラッシュデュエルが開始されました。

 

スポンサーリンク

 

それぞれの主を取り戻すために

先行は凛之介、ドロー。

花牙紋のステラと花牙狼のクロバナを召喚して

2体リリースで花牙アーマー・クレマチスをアドバンス召喚します。

その効果は自身を守備表示にし、

さらに自分のライフが相手のライフ以上の場合に戦闘破壊耐性を得るというものです。

凛之介は守りを固めていく方向ですね。これでターンエンド。

 

ガクトは今の1ターンでラッシュデュエルがいかに愚かであるかを理解したといい

蘭世と凛之助に蒼月流のなんたるかを躾けしなおすと宣言します。

ガクトのターン、ドロー。

死反のタマと鬼将メザメを召喚してタマの効果で

墓地肥やしをしつつ墓地からユル縞仙人を蘇生します。

そして2体リリースで魔将キメルーラをアドバンス召喚。

召喚口上もいかにも悪役な代物になっています。

こちらの方が格好いいという人もいそうですが。

 

 

豹変していたのはガクトだけでなくアサナも

また重騎を元の仕様に回収するのが不可能だと判断すると

重騎をこれ以上辱めを受けさせられないと姫騎士のような事を言い出して

デュエルクラブ諸共解体をしようとします。

ネイルも新しいデュエルは秩序を乱す存在だと言っています。

そんな2人を止める為にギャリアンが、シュベールが、セバスチャンが駆け付けます。

 

 

 

 

 

いやぁカオス回でした。

特にロア役:ギャリアン、オーティス役:セバスチャンはカオスでした。

しかし本当に別人のようになっていて記憶が失っただけでは説明がつきませんね。

やはりここはナナホあたりが手回しをしていると見るべきでしょうか。

皆の記憶を取り戻した後に最終決戦という流れになりそうです。

 

 

次回予告 第83話『旅の仲間たち』

公式予告

 

それぞれの主の記憶を取り戻させようと奮起する従者たち。

ギャリアンがウォームExカベーターを、

セバスチャンがユグドラゴをそれぞれマキシマム召喚しています。

主人のかつての切り札で記憶を取り戻そうとするのは王道な展開ですね。

 

一方ガクトはガクティングを見せられていた

うん黒歴史発掘はやるかなーって正直思ってましたよ!

あと主人よりファッションセンスありますね

 

コメント