PR
スポンサーリンク

《烙印の使徒(らくいんのしと)》:遊戯王OCGカード考察 まあ要するにクエリティスと組み合わせろって事ですね

スポンサーリンク

今回紹介するのはBATTLE OF CHAOS(バトル・オブ・カオス)よりこのカードです。

 

ごはんはたくさん食べるタイプ

 

カード説明

烙印の使徒
永続魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手が発動したモンスターの効果処理時に、
自分フィールドにレベル8以上の悪魔族の融合モンスターが存在し、
その相手モンスターの攻撃力または守備力が0の場合、その発動した効果を無効にできる。
②:攻撃力0のモンスター同士が戦闘を行ったダメージステップ終了時に発動できる。
その戦闘を行った相手モンスターを破壊する。

wiki

 

烙印の一種となる永続魔法です。

 

烙印の使徒

黒衣竜アルビオンとなったアルバスと白の聖女エクレシア

デスピアの導化アルベルと対峙しています。

背景には青白く光る鉱物がいくつか見られており

氷水の住処に突如現れ襲撃してきたアルベルを2人が迎え撃っている場面だと思われます。

 

スポンサーリンク

 

攻撃力か守備力0のモンスター効果を無効に

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手が発動したモンスターの効果処理時に、
自分フィールドにレベル8以上の悪魔族の融合モンスターが存在し、
その相手モンスターの攻撃力または守備力が0の場合、その発動した効果を無効にできる。

①の効果は1ターンに1度、相手がモンスター効果を発動する際に

そのモンスターの攻撃力か守備力が0でかつ自分の場にレベル8以上の融合モンスターがいる場合に

その効果を無効にできるというものです。

発動する類の効果ではなく効果発動時に条件が満たされていれば無効化されるというものです。

デスピアン・クエリティスがレベル8の融合モンスターで

フリーチェーンで相手の攻撃力を0にする効果を持っており

相手の効果発動に合わせて攻撃力を0にする事でそれを無効にできます。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:攻撃力0のモンスター同士が戦闘を行ったダメージステップ終了時に発動できる。
その戦闘を行った相手モンスターを破壊する。

②の効果は1ターンに1度、

攻撃力0のモンスター同士が戦闘を行ったダメージステップ終了時に

その相手モンスターを破壊できるとういものです。

本来攻撃力0同士が戦闘を行っても戦闘破壊は発生しないルールですが

そのルールを無視して一方的に相手モンスターを破壊できるという感じですね。

デスピアン・クエリティスは自分のモンスターの攻撃力も0にしてしまいますが

そうなったモンスターでも腐らせる事なく戦闘を行わせる事が可能となります。

 

 

 

特に①の効果が優秀でデスピアン・クエリティスと組み合わせると優秀な妨害手段として機能します。

永続魔法なのがいやらしく相手としてはこのカードかデスピアン・クエリティスを除去しないと

毎ターン妨害をされてしまうので出来る限り優先して除去をねらいたい所ですが

除去をモンスターカードに頼っている場合はそれをこのカードで無効にして防ぐ事もできますし

仮に破壊されてもデスピアの導化アルベルなどで簡単にサーチが可能です。

デスピアン・クエリティスは【デスピア】におけるキーカードの1つなので

このカードも自然と採用する事ができるでしょう。

 

ほぼデスピアン・クエリティス専用のサポート効果といった感じですが

墓地墓地の恨みやゼロ・フォースなど別途攻撃力を0にする手段を確保していれば

【ファーニマル】などでも使えない事はありません。

コメント