PR
スポンサーリンク

遊戯王OCGカード考察:《DDグリフォン》DDにとってありがたい効果てんこ盛りな超有能社員!

スポンサーリンク

今回紹介するのはBATTLE OF CHAOS(バトル・オブ・カオス)よりこのカードです。

 

 

カード説明

DDグリフォン
ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1200/守1200
【Pスケール:青1/赤1】
このカードのP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
自分のフィールド・墓地の「契約書」魔法・罠カードの種類×500アップする。
その後、このカードを破壊する。
【モンスター効果】
このカード名の①②③のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「DD」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:このカードがP召喚に成功した場合、
手札から「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を捨てて発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
③:このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「DDグリフォン」以外の「DD」カード1枚を手札に加える。

wiki

 

ブラック企業ディファレント・ディメンション社の新入社員となる

闇属性悪魔族のレベル4ペンデュラムモンスターです。

 

下半身が獣、上半身が取りの拘束具のようなものを纏った獣人です。

グリフォンは獅子の胴体と鷲の翼と頭を持つ伝説上の生物で

ファンタジー系のモンスターとしてはかなりポピュラーな部類ですが

このカードのように二足歩行のグリフォンとなると中々珍しいですね。

 

スポンサーリンク

 

他のDDがいれば特殊召喚、P召喚されれば手札交換、蘇生されれば

【Pスケール:青1/赤1】
このカードのP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
自分のフィールド・墓地の「契約書」魔法・罠カードの種類×500アップする。
その後、このカードを破壊する。

ペンデュラム効果は1ターンに1度、

自分の場の悪魔族1体の攻撃力をフィールドか墓地の契約書魔法罠の種類×500アップさせ

その後自身を破壊するというものです。

攻撃力アップの通常魔法カードのような使い方ができるペンデュラム効果であり

契約書1種類につき500アップと強化度合いがかなり高く

墓地にいくつもの契約書があれば相当な攻撃力を確保できます。

 

自身が破壊される為使い捨てとはなりますが

ペンデュラムゾーンの張替えとしても活用できます。

 

このカード名の①②③のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「DD」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。

モンスター効果の①は1ターンに1度、

自分の場にDDモンスターがいれば手札から守備表示で特殊召喚する自己展開効果です。

【DD】であれば簡単に満たす事の出来る召喚条件であり

ペンデュラムモンスターなのでDDD深淵王ビルガメスのリンク素材にした後に

改めてペンデュラム召喚でEXデッキから出す、なんて動きもできます。

 

このカード名の①②③のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードがP召喚に成功した場合、
手札から「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を捨てて発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

②の効果は1ターンに1度、ペンデュラム召喚した場合に

手札のDDカードか契約書カードを1枚を捨てる事で

デッキから1枚ドローする手札交換です。

DDにはDDゴーストやDDネクロ・スライム、DDラミアなど

墓地で効果を発揮できるものが数多く存在するのでこれらを優先的に墓地へ送るといいでしょう。

 

このカード名の①②③のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「DDグリフォン」以外の「DD」カード1枚を手札に加える。

③の効果は1ターンに1度、墓地から特殊召喚した場合に

デッキから同名カード以外のDDカードを手札に加えるサーチ効果です。

モンスターだけでなくDDDヘッドハントなどの罠カードもサーチでき

とても使いやすく便利なサーチ効果です。

このカードはペンデュラムなので墓地に送りたい場合には

手札やデッキから直接墓地へ送るかエクシーズ素材にしてしまうのがいいでしょう。

 

 

全ての効果がありがたい

3つのモンスター効果は全部条件が違う為に一見取捨選択して使うように見えますが

まず①の効果で自己展開しつつリンク素材にして

その後EXデッキからペンデュラム召喚して②の効果を発動した後のランク4のエクシーズ素材にし

最後にDDナイト・ハウリングなりで蘇生して③の効果を発動するといった感じで

1ターンに全てのモンスター効果を発動する事も十分可能です。

 

①の効果はペンデュラム召喚前にDDD深淵王ビルガメスのリンク召喚に繋げる手段として、

②の効果は蘇生したいDDを墓地に送りつつ手札の補充をする手段として、

③の効果は単純に蘇生からの各種DDカードをサーチする手段として

どれも【DD】にとってとってもありがたいものとなっています。

 

いざという時にはペンデュラム効果を使った打点強化に貢献してくれますし

スケールも1とペンデュラム召喚のスケール要員としても有用なので

全方面で隙の無い期待の新入社員と言えるでしょう。

コメント