PR
スポンサーリンク

《マグネット・インダクション》:遊戯王OCGカード考察 マグネットフィールドからの自爆特攻がよりスムーズに!

スポンサーリンク

今回紹介するのはWORLD PREMIERE PACK 2021よりこのカードです。

 

 

カード説明

マグネット・インダクション/Magnet Induction
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに元々のレベルが4以下の
「マグネット・ウォリアー」モンスターが存在する場合に発動できる。
同名カードが自分フィールドに存在しないレベル4以下の
「マグネット・ウォリアー」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
このカードの発動後、
ターン終了時まで自分フィールドの「マグネット・ウォリアー」モンスター及び「磁石の戦士」モンスターは、
戦闘及び相手の効果では破壊されない。

wiki

 

磁石の戦士用のサポートとなる通常魔法です。

 

磁石の戦士α、β、γの全身から電気が迸っています。

カード名は「磁気誘導」からでしょう。

磁石に近づいた鉄などに磁極が発生しそれ自体も磁石となる現象の事で

磁石にくっついた釘にも他の釘がくっつくようになるあれです。

 

スポンサーリンク

 

デッキから特殊召喚しつつ耐性付与

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに元々のレベルが4以下の
「マグネット・ウォリアー」モンスターが存在する場合に発動できる。
同名カードが自分フィールドに存在しないレベル4以下の
「マグネット・ウォリアー」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、元々のレベルが4以下のマグネット・ウォリアーがいる場合に

場にまだいないレベル4以下のマグネット・ウォリアーをデッキから特殊召喚するリクルート効果です。

シンプルに展開力の補強に役立ってくれる便利な効果であり

磁石の戦士を主体とするデッキであれば発動条件には困らないでしょう。

 

 

このカードの発動後、
ターン終了時まで自分フィールドの「マグネット・ウォリアー」モンスター及び「磁石の戦士」モンスターは、
戦闘及び相手の効果では破壊されない。

また発動したターンの間は

磁石の戦士に戦闘破壊耐性と効果破壊耐性が付与されます。

これはこのカードを発動した後に出されるモンスターにも有効で

特殊召喚したモンスターを召喚反応罠などで破壊されずに済むので

マグネット・バルキリオンやマグネット・ベルセリオンの攻撃をより通しやすくなるでしょう。

それ以外でも磁石の戦士を素材にエクシーズ召喚やリンク召喚に繋げる場合でも

展開途中で激流葬を撃たれるといった心配がなくなります。

 

 

磁石の戦士にはマグネット・フィールドにマグネット・コンバージョンと強力なサポートカードがあり

それらと比べると地味ではありますが着実に磁石の戦士の展開力を補強してくれるカードであり

単純にリクルート効果だけでも優秀なのにそこに耐性付与までついた優秀なカードです。

またマグネット・フィールドとは非常に相性がよく

バウンス効果を活かす為に自爆特攻をさせてもモンスターを生き残らせる事が可能となります。

【磁石の戦士】及びそれを混ぜていくような岩石族デッキの使いやすさを着実に高めてくれるでしょう。

コメント