PR

《刺し違GUY(さしちがい)》:遊戯王OCGカード考察 戦士族版フィッシャーチャージ!とっても使いやすいフリーチェーン除去

スポンサーリンク

今回紹介するのはWORLD PREMIERE PACK 2021よりこのカードです。

 

 

カード説明

刺し違GUY/Expendable Dai
通常罠
①:自分フィールドの戦士族モンスター1体をリリースし、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、自分はデッキから1枚ドローする。

wiki

 

戦士族用のサポートとなる通常罠です。

 

ダイ・グレファーが闇より出でし絶望に対して剣を持って立ち向かっています。

カード名や効果の通りに刺し違えてでも相手を倒そうとする気概が見て取れるイラストで

ネタとしても扱われる事の多いダイ・グレファーの中でも非常に格好いいイラストとなっています。

 

英語名は「Expendable Dai」。

「Expendable」とは「消耗品」や「失ってもいい」という意味であり

ダイ・グレファーの死なば諸共の覚悟が伝わってきます。

ちなみに「Dai」というのは「予想GUY」や「GUYダンス」にも使われてた単語で

海外版が実装された当初から日本語しての名前も考えられていたのかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

 

戦士族版フィッシャーチャージ

①:自分フィールドの戦士族モンスター1体をリリースし、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、自分はデッキから1枚ドローする。

その効果は自分の場の戦士族1体をリリースする事で

フィールドのカード1枚を破壊、さらにデッキから1枚ドローできるというものです。

言うなれば戦士族版フィッシャー・チャージやデュアルスパークとも言うべき効果であり

それらと同じように1:1交換のフリーチェーン除去や

リリース・エスケープも兼ねた除去として活用ができます。

 

灰流うらら等で無効化されてしまうとリリースしたカード分も無駄になってしまうという弱点こそあるものの

フリーチェーン除去しつつドローできる事の優秀さと使いやすさ

フィッシャー・チャージやデュアルスパークが証明している通りです。

これらと同じことを種類の豊富な戦士族で行える点が何よりもポイントであり

様々な戦士族デッキにフリーチェーンの妨害手段を混ぜていく事が可能です。

特に戦士族には繰り返し蘇生ができる不死武士があるので

リリース要員の確保も非常に容易に行えるでしょう。

 

基本的には戦士族メインのデッキで活用するのが前提のカードですが

適当なモンスター2体で冥宮の番人なり剛炎の剣士なりコードブレイカー・ウイルスソードマンなり

リンク召喚する事で他の種族のデッキでも使う事が可能だったりします。

【希望皇ホープ】や【エクソシスター】のように

EXデッキでは戦士族を多用するというデッキに組み込んでみるのもいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました