遊戯王OCGカード考察:《ヨーウィー》八汰烏も同じ制約なら許されそう

今回紹介するのはANIMATION CHRONICLE 2021よりこのカードです。

 

カード説明

ヨーウィー
効果モンスター
星3/地属性/爬虫類族/攻 500/守 500
このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分は1回しかモンスターを特殊召喚できない。
①:このカード1体のみが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
次の相手ドローフェイズをスキップする。

wiki

 

地属性爬虫類族のレベル3モンスターです。

このモンスターを知っている、覚えているという人はどれくらいいるでしょうか?

遊戯王デュエルモンスターズにおいてBIG1こと大下が使用したカードで

その効果で闇遊戯のドローを封じつつデッキマスター能力の為の生け贄となりました。

アニメそのままでは禁止一直線な効果でしたがOCGに伴い制約が加えられました。

 

昆虫のような足が生えたトカゲ、もしくはワニといった姿をしています。

ヨーウィーとはオーストラリアの先住民、アボリジニの伝承に語られる未確認生物で

ゴキブリの足、トカゲの胴体と頭、ヘビの尻尾を持つと言われています。

 

スポンサーリンク

場に出せば相手のドローフェイズをスキップ

このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分は1回しかモンスターを特殊召喚できない。
①:このカード1体のみが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
次の相手ドローフェイズをスキップする。

その効果はデュエル中に1度だけ

このカード1体のみが召喚、反転召喚、特殊召喚に成功した場合に

次の相手ドローフェイズをスキップしてしまうというものです。

1体のみなので例えばペンデュラム召喚などで

他のカードと一緒に特殊召喚した場合は効果が発動できないので注意です。

ドロースキップというのは禁止カードの八汰烏の例でみればわかるように

公式的に強い弱いというよりは「許されない」感じの効果として扱われており

このカードはただ召喚すればOKと八汰烏以上に発動条件が緩いです。

 

その代償に制約はかなり重く、まずデュエル中に1度しか発動できません。

これにより八汰烏のように延々とドロースキップしてループするというのは不可能になっています。

 

そして発動するターンは1回しかモンスターを特殊召喚する事ができません。

「するターン」なのでこのカードを出す前に特殊召喚するのもアウトです。

その為、他のモンスターと一緒に並べてエクシーズ召喚やリンク召喚に比べるのが困難になっています。

デュエル中に1度の制約よりもこちらの方が厄介な制約と言えるでしょう。

各種素材に利用したい場合に有効な方法としては

相手ターンにこのカードを特殊召喚してしまう事です。

戦線復帰やリビングデッドの呼び声などで相手エンドフェイズに蘇生してしまえば

次の自分ターンには何の制約もなく各種素材として利用できます。

幸い爬虫類族なので溟界の蛇睡蓮などを用いれば墓地に送るのは難しくありません。

 

後は素直にこのカードを蘇生なり後は特殊召喚をする事を諦めて

アドバンス召喚なりのリリース要員として使ってしまうのも1つの手です。

 

 

 

このカードを知っていた人は(効果がやばすぎて)OCG化されないだろう声が多かったですが

重い制約こそついたもののドロースキップ自体は健在で実装されてしまいました。

八汰烏もデュエル中に1度という制約つきなら禁止解除もありえるかもしれませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました