PR
スポンサーリンク

遊戯王SEVENS第49話『ロアロミン』感想

スポンサーリンク

遊戯王セブンス49話の感想です。

 

前回のあらすじ:よわねむ太郎

 

決勝戦開始

ミミに大会の企画書を送ったものと同一人物だと思われるメモ。

ネイルはシュレディンガーや新太に調査を勧めさせていました。

怪しい動きは全てチェックしているようですがそれでも尻尾はつかめていません。

 

そんな中でいよいよ決勝戦が始まります。

遊我もルークもやる気は充分で全力で挑む姿勢です。

なお優勝者にはいかにもミミお手製って感じの王冠がプレゼントされます。

ルークだけは大はしゃぎで喜んでいました

初戦は霧島ロアVS霧島ロミン、バンドメンバー同士の対決です。

 

先行はロア、ドロー。

まず魔法カード「キングス・インヴィテイション」を発動、

これは相手の手札のモンスターを2体まで特殊召喚させつつ

その後手札の悪魔族通常モンスターを2体まで特殊召喚できるというもの。

これによりロミンにモンスター2体を出させつつロイヤルデモンズ・ノーウェイブ2体と特殊召喚、

そしてその2体をすぐさまリリースしてロイヤルデモンズ・デスドゥームをアドバンス召喚です。

その効果でロミンのモンスター2体を破壊、1400のダメージを与えます。

ロアはカードをセットしてターンエンドです。

先行1ターン目からダメージを与えてくるロアですがロミンは違和感を感じます。

 

ロミンのターン、ドロー。

まずCAN:Dを召喚した後に魔法カード「JAM:Pアップ!」を発動、

CAN:Dを墓地へ送り手札からその進化形であるCAN-Re:Dを特殊召喚、

さらに攻撃力を1500アップ、4000打点にまで到達させます。

前回登場しなかったCAN-Re:Dが満を持して登場です。

次にロマンス・ピックを召喚、その効果で墓地送りの後に1枚手札に加えた後

ライブドレス・クリエイターを召喚、ロマンス・ピックを手札に戻して再び召喚、

再度効果発動した後にピックをリリースしてロミックンローラーをアドバンス召喚し

その効果でデスドゥームの攻撃力を下げます。

そしてCAN-Re:Dとロミックンローラーで畳みかけるように攻撃して

ロアのライフを残り300にまで削りこの時の衝撃でロアはマイクを落としてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

皆揃ってこそのロアロミン

ロミンは言います、ロアは今人生で一番輝いていない、ロアはソロではステージには立てないと。

今現在ロアの後ろには月太もウシロウもいません。

ロアはソロでこそ輝くんだと強がるものの落としたマイクを持とうとして失敗するなど

動揺が見て取れる状況です。

しかしそんなロアにマイクを投げ渡す月太とウシロウの姿がいました。

2人は笑顔で言います、自分だけ目立とうだなんていかないと。

乱入した2人を注意する深海子ですが2人の威圧にビビりまくって折れちゃっています。

前回のロミンの説得もありロアに対する不信感も解消した様子ですね。

「調子に乗ってるんじゃないの?」と軽口を叩くロアに

「乗ってるさ、ビートにな」と軽口で返す月太、こういうやりとりが実に仲間って感じですね。

ロアは罠カード「ロイヤルデモンズ・トレジャー」を発動、

相手のライフを1000回復させつつ自分のライフが1000以下の場合に

手札から悪魔族2体を特殊召喚します。

それで呼び出したのは月太とウシロウに例えたヘヴィメタルとインヴェイジョン。

ロアは最後の最後まで取っておいた切り札だと主張します。今回はリリースもしません

 

ロミンはこれでターンエンド。

続いてロアのターン、ドロー。

まずロイヤルデモンズ・フェイザーを召喚、

その効果で自身を墓地へ送り、墓地のデスドゥームを蘇生させます。

この効果はフィールドにレベル7以上の悪魔族がいる場合に発動可能であり

ロアは「2人がいるからこそ自分(デスドゥーム)が帰ってこれた」と言います。

そしてロイヤルデモンズ・コマンドでデスドゥームの攻撃力を1000アップさせ攻撃表示に、

さらにフィールド魔法「ロイヤルデモンズ・ライブアリーナ」を発動、

光属性悪魔族全体に罠カードに対する耐性を付与させます。

3体のロイヤルデモンズで盛り上がる様子に

ロアロミンが全員そろってこそ完璧なライブステージが成り立つという事を暗示しています。

でも名前忘れたは酷くないですかミミさん?

 

それに対してロミンは墓地のプリマギターナをデッキに戻して罠カード「エゴリズム」を発動、

CAN-Re:Dの攻撃力を1000アップさせます。

それでも構わずに3体のロイヤルデモンズで総攻撃を仕掛けてロミンのモンスターを全滅させます。

ロアはこれでターンエンド。

 

ロアとロミンが敵同士でセッションしている様子にルークも何か感じ取っているようです。

ガクトに「目を瞑れば分かる」と言いますがガクトが「何も見えません」と言うと

ルークは「そうだろうそうだろう」といつも通りのその場のノリで頷きます。

あ、やっぱり何か感じ取ったのは気のせいかもしれない

 

スポンサーリンク

 

フィナーレは2度ある

ロミンのターン、ドロー。

魔法カード「JAM:Pスタート!」を発動、

墓地のCAN:Dを手札に戻してさらにライフを1000回復します。

CAN:Dを召喚した後魔法カード「サイキレイド」で1枚ドロー、

引いたカードが同じ属性だったのでさらにもう1枚ドローです。

さらに魔法カード「スターダムライド」でCAN:Dを墓地へ送り

プリマギターナを召喚しつつライフを1000回復。

ロアもまた罠カード「ロイヤルデモンズ・ヘル&ヘヴン」でデスドゥームの攻撃力を上げ

さらに相手にデスドゥームしか攻撃できないようにさせます。

プリマギターナの攻撃力を上げてもまだデスドゥームには届きません。

しかしロミンは畳みかける用に魔法カード「クライマックス・フィナーレ」を発動、

墓地のモンスターの攻撃力×100だけライフを払いその分だけプリマギターナの攻撃力を上昇、

駄目押しとばかりにアンドールを召喚、ルークの声から呼応するように観客皆が声援を送ります。

アンドールの効果でクライマックス・フィナーレを回収して再度発動、

攻撃力4300となったプリマギターナでデスドゥームを攻撃してロアのライフは0となりました。

ロミンの勝利です。

 

ロミンのJAMを遠くで見ていたプリンセスGは確かに聞かせてもらったといい、

試合後、ロアとロミンはお互いを讃えます。そしてロアは月太とウシロウにもお礼をいい

2人は何かヤバい事がおこってるなら自分達も手伝うと言います。

ロアロミンのわだかまりはすっかり解消したみたいですね。

今回ロミンが勝った事でルーク側に7ポイントが入り770点で同点となりました。

あ、決勝戦ってそういう方式だったんですね

これ21点より点差が開いてたらそもそも決勝戦すらなかった感じでしょうか。

 

 

 

 

 

というわけでロアとロミンによる従兄妹同士の対決でした。

今回まさに一進一退といった感じで最後までどちらが勝つか分からないデュエルでした。

ロアは言葉が足りなくてかなり誤解されやすく敵をうみやすい感じなんですが

ロミンはそんなロアをソロでは何もできないと理解をして、

月太とウシロウもそんなロアを何だかんだ支える形に収まったみたいでしょうか。

いずれにせよロア・ロミンの問題はこれでいったん解決でしょうか。

 

次回予告 第50話『ガクティング』

次の試合はガクトVSネイル。

間違いなくマキシマム召喚してくるであろうネイルにガクトが挑む形なります。

しかしガクトは進化した現在進行形の蒼月流をひっさげてくるようです。

実際ガクトの戦術の多くはマキシマムモンスター相手には通用しない為、

対マキシマム用のどのような戦術を持ってくるかが見物です。

実際展開的にもユグドラゴを出されておしまいとは考えにくいので

マキシマムなしでユグドラゴを突破する展開に期待したい所です。

 

 

コメント