遊戯王OCGカード考察:《機巧菟-稻羽之淤岐素(きこうと イナバノオキノシロ)》

今回紹介するのはDAWN OF MAJESTY(ドーン・オブ・マジェスティ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

機巧菟-稻羽之淤岐素
効果モンスター
星1/風属性/機械族/攻 50/守 50
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体を手札から守備表示で特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、自分はそのモンスターでしか攻撃宣言できず、
そのモンスターの攻撃力・守備力は、自分フィールドの攻撃力と守備力の数値が同じ
機械族モンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。

wiki

 

【機巧】の新規となる風属性機械族のレベル1モンスターです。

 

青空の元海辺で佇む白と金のカラーな機械の兎です。

兎といいつつ結構な大きさに見えますね。

 

モチーフは日本神話に出てくる兎「因幡の白兎」及び

その兎が出る物語の舞台となった淤岐ノ島(オキノシマ)からだと思われます。

ワニを騙した報復で皮を剥がされて倒れたところを大国主神(オオクニヌシ)に助けてもらい

そのお礼として大国主神が八上姫と結ばれる予言を残しました。

この逸話から主に縁結びや皮膚病治療の後利益があるとして祀られています。

 

ちなみにワニに報復された際のエピソード、

わざわざ「やーい騙されてやんのー」と煽った為に報復されています。

残念でもなく当然

 

スポンサーリンク

攻撃力と守備力が同じ機械族の攻撃力を1つにまとめ上げる

①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体を手札から守備表示で特殊召喚する。

①の効果は召喚した時に

攻撃力守備力の数値が同じ機械族1体を手札から守備表示で特殊召喚するというものです。

【機巧】には上級、最上級のモンスターも揃っているので

それらを無条件で手札から特殊召喚出来る手段として重宝します。

機巧嘴-八咫御先を特殊召喚すれば更なる展開にも繋げられます。

守備表示で特殊召喚する関係で出してそのまま攻撃する事は出来ない点には注意です。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、自分はそのモンスターでしか攻撃宣言できず、
そのモンスターの攻撃力・守備力は、自分フィールドの攻撃力と守備力の数値が同じ
機械族モンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。

②の効果は1ターンに1度、墓地から除外する事で

攻撃力と守備力の同じ機械族1体を選択、

そのモンスターしか攻撃できなくなる代わりに

自分の場の攻撃力守備力が数値が同じモンスターの攻撃力を全て

そのモンスターの攻撃力守備力に加算できるというものです。

例えば攻撃力2000のモンスターが3体いれば6000の攻撃力を確保可能と

大型級のモンスターの戦闘破壊も楽に狙えるようになります。

【機巧】は展開しやすいデッキな上に攻撃力が高いモンスターも多く存在するので

1万を越える攻撃力による1ターンキルも十分に狙えます。

 

スポンサーリンク

様々な機械族デッキに

【機巧】において展開の補助とワンパン力の強化につながるのは勿論、

他の機械族デッキにおいても攻撃力と守備力が同じカードを積極的に用いるのであれば

活かせる効果となっています。

①の効果は単純に様々な機械族デッキの展開手段として重宝しますし

レベル1の機械族、例えばブンボーグ001あたりを特殊召喚する事で

ランク1のエクシーズ召喚にも繋げられます。

特殊召喚時にサーチ効果を発動できる星遺物-『星鎧』あたりの特殊召喚にも役立つでしょう。

 

 

②の効果はKA-2 デス・シザースなど戦闘破壊をトリガーに発動する効果を持つ

攻撃力守備力が同じ機械族のサポートとして優秀です。

またブンボーグ009は1体でしか攻撃できないデメリットを共有していますし

一緒に効果を使えば相乗効果でさらに高い攻撃力を確保可能になるでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました