遊戯王OCGカード考察:《スターダスト・シンクロン》自己蘇生も出来るしサーチも出来る超有能新型シンクロン!

今回紹介するのはDAWN OF MAJESTY(ドーン・オブ・マジェスティ)よりこのカードです。

カード説明

スターダスト・シンクロン
チューナー・効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1500/守1000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在する場合、
自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「スターダスト・ドラゴン」のカード名が記された
魔法・罠カード1枚を手札に加える。

wiki

 

シンクロンの新規となる光属性機械族のレベル4モンスターです。

スターダスト・ドラゴンの小型版のようなモンスターです。

いかにもドラゴン族といった感じの見た目ですが

よく見ると胸元に遊星歯車が組み込まれておりこのカードが機械族である事を伺わせます。

 

スポンサーリンク

スターダスト魔法罠をサーチ

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在する場合、
自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、自分の場のモンスター1体をリリースする事で

自身を手札か墓地から特殊召喚出来るというものです。

適当なトークンや黄泉ガエルなどの場に出したいやすいモンスター、

墓地へ送られる事で効果を発揮するモンスターなどをリリースするのがいいでしょう。

スターダスト・トレイルとは相性がよく

このカードの自己蘇生の為にリリースする事であちらの自己蘇生にも繋げられます。

 

この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

デメリットとしてこの効果で場に出した場合、フィールドから離れると除外されてしまい、

またEXデッキからはシンクロモンスターしか出す事ができません。

エクシーズ素材にして除外デメリットを回避する事も出来ないので

素直に使い捨て感覚でシンクロ素材として活用するのが基本となるでしょう。

再利用を狙いたいのであれば王宮の鉄壁などで除外を回避する手があります。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「スターダスト・ドラゴン」のカード名が記された
魔法・罠カード1枚を手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚した場合に

効果のテキストに「スターダスト・ドラゴン」のカード名がある

魔法罠1枚を手札に加えるサーチ効果です。

①の効果で蘇生すればそのままこの効果に繋げる事が可能であり

スターダスト・ドラゴンのシンクロ召喚に繋げられるのであれば

さらなる展開に繋げられるスターダスト・イルミネイト、

除去手段としてセイヴァー・アブソープション、

ドローソースとして光来する奇跡など状況に応じて様々な魔法罠をサーチできます。

スターダスト・ドラゴンを場に出せない状況であっても

全体除去対策に状況スターライト・ロードあたりをサーチできるので無駄がありません。

 

スポンサーリンク

ジャンク・スピーダーでデッキから直接特殊召喚も

1回限りですが自己蘇生も可能でサーチ効果持ちと非常に便利なカードです。

特にスターダスト・トレイルと合わせて

スターダスト・ドラゴンをはじめとするレベル8シンクロに繋げるのに重宝するでしょう。

 

「シンクロン」の名を冠しているのもポイントで調律でサーチが可能ですし

ジャンク・スピーダーの効果でデッキから直接特殊召喚する事も可能です

レベル4のシンクロンの中でも特に優秀な効果を持っているので

ジャンク・スピーダーで特殊召喚するレベル4シンクロンでは筆頭候補となるでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました