遊戯王SEVENS第40話『ギブ・ミー・ジャム♪』感想

遊戯王セブンス40話の感想です。

 

前回のあらすじ:羽めっちゃ頑丈

 

ロミン、ラッシュデュエル止めるってよ

ラッシュデュエルの人気を止められないゴーハ社は会議を開いて議論を交わすものの

まともな案が出ずにミミはため息をつくばかりでした。

その案の1つにプリンセスGを起用してゴーハデュエルのイメージソングを作るという案があるものの

プリンセスGはギタリスト専門で歌はNGだといってそれを拒否、

またラッシュデュエルが大好きと主張した事でクビを言い渡されてしまいます。

割と強引な展開に見えますがこの手のスポンサーの意向に反した行動からの処分というのは

現実でもあったりします。プリンセスGは特に不満を言うわけでもなくそのまま立ち去ります。

 

ゴーハ7小に戻ってきてみたらそこにはあれに荒れ果てた学校の姿がありました。

学校の雑務というのは学人が結構な数をこなしていたので

学人が不在だった影響でこうなってしまったのでしょう、学人本当にとんでもないですね。

他の皆と共に学校の片づけをしようとする学人ですがロミンは上の空といった感じです。

というのもプリンセスGが引退するという話は既に広まっているようで

それでショックを受けているわけですね。

やめたのはあくまでゴーハの会社で音楽をやめたわけじゃないと励ます遊我ですが

それでもロミンは納得できてない様子でした。

 

そんな所に教育実習生としてプリ崎ギブ美が現れます。またすさまじい名前です

彼女はドジをしてばっかりだけど諦めないガッツを持って生徒達に接します。

が、ルークは彼女を「あれプリンセスGでは?」と見抜き、ロミンはそんなはずないと否定します。

これ、普段鈍くていつも1人だけ気付かない役割をする事が多いルークが

真っ先に気付いているというのが面白いですね。

 

プリンセスGが引退したショックを受け止めきれないロミンは

プリンセスGを引退に追い込んだラッシュデュエルをやめると宣言します。

動揺する学人とルークですが遊我はやめるもやめないも自由だと言います。

元々窮屈なゴーハデュエルをなんとかする為に作ったのがラッシュデュエルですし

根本的に強制して縛ろうとするのは遊我が求めるラッシュデュエルの美学に反するのでしょうね。

 

さてそれでも悩み続けるロミンですがそんな所にギブ美と衝突してしまいます。

その際にカードをぶちまけてしまうもののギブ美はそれを拾ってロミンに渡し、

また好きな事を諦めないでと励まします。

その言葉に何かを感じたのかロミンはやめる前にラッシュデュエルを思いっきり楽しもうと

ラッシュデュエルの〆として創設者である遊我にラッシュデュエルを申し込みます。

遊我もまたそれに答え遊我VSロミンのラッシュデュエルが始まりました。

 

所で先生、その必殺技なんすか?

 

スポンサーリンク

プリ崎ギブ美は世を忍ぶ仮の姿

今回は少しだけデュエルが進んだところから描写されています。

遊我ははぐれ使い魔とクリボットをリリースして機動砦のバスキュールをアドバンス召喚、

そこからさらに魔剣士アンサラーのアドバンス召喚に繋げてターンエンドです。

 

ロミンのターン、ドロー。

アミュージー・パフォーマーでお互いのライフを減らしつつ

ロマンスピック2体を召喚してそれぞれの効果を発動、

ベリーシストと夢幻のフォルダーブリッツ、さらにロミックンローラーのアドバンス召喚に繋げます。

そしてロミックンローラーで相手モンスターの攻撃力守備力を500下げつつ

フォルダーブリッツでバーンダメージを与えた後に一斉攻撃、

遊我のモンスターを全滅させた上で残りライフを1400にまで削ります。

ロミンはターンエンドです。

 

遊我のターン、ドロー。

まずクリボットリプルでドローした後に風の子サイクとビーストサモナーを召喚、

ビーストサモナーの効果で自身をリリースして獣翼剛王セイスを特殊召喚します。

しかしロミンは罠カード「怒ロック」によってセイスの効果を封じつつ

自分モンスター全ての攻撃力200アップさせます。

ですが遊我はサイクで回収したビーストサモナーを再び召喚し

今度はサベージ・クロー・タイガーを特殊召喚、

その効果で自身の攻撃力を3500にまで上昇させたあと一斉攻撃を仕掛けて

ロミンのモンスターを全滅、残りライフを300にまで削ります。

 

一方その頃、ミミとギブ美が音楽室で話し合っていました。

ギブ美のドジっ子っぷりはただの演技だったようで

最初からロミンを励ます為に学校に潜入していた様子です。

そんなロミンに何かを言ってあげる事はないのかを聞くミミですが

ギブ美はラッシュデュエルは子供たちの可能性そのものだからと

実際にあってみたらかける言葉なんて無かったといいます。

そして彼女はピアノを弾き始め、それがロミンの心に響き始めます。

 

「我慢」から「我儘」へ

ロミンのターン、ドロー。

そこで引いたカードの中に彼女の知らないカードがありました。

ですが彼女はそのカードに賭ける事にします。

 

ロミンはCAN:Dを召喚、攻撃力100で何の効果ももたないモンスターです。

そして魔法カード「サイキレイド」を発動、CAN:Dの攻撃力、100分のダメージを受けつつ

1枚ドロー、CAN:Dと同じ属性の彩光のプリマギターナを引いた事で更にもう1枚ドローします。

そして魔法カード「スターダムライト」を発動して

手札からプリマギターナを召喚、さらにライフを1000回復します。

そしてプリマギターナの効果でライフを1000払い、自分モンスターの攻撃力を上げます。

 

ただの攻撃力100のモンスターであるCAN:Dから繋がった可能性、

ロミンはやっぱりラッシュデュエルは楽しいと感じ

音楽もラッシュデュエルもやめたくないと改めて思います。

彼女は決意します、もう我慢をする事はやめると。

学人はそんな彼女を「我慢のロミン」から「我儘のロミン」になったといい

ロミン自身もまた「じゃあ我儘に行くよ」とノリノリです。

魔法カード「ロマンスセッション」を発動、

自分のライフが相手より1000以上少ない場合にフィールドのモンスター、

この場合プリマギターナと同じレベルのエスパレイドを手札から特殊召喚、

その効果で遊我のモンスター2体を破壊します。

そして2体で一斉攻撃をし、遊我のライフを0にしました。ロミンの勝利です。

 

勝負に勝ったロミンは一目散に音楽室に走り出しますが

そこにはギブ美・・・プリンセスGの姿はもうありませんでした。

それでもロミンの心はすっきりしたようで

ラッシュデュエルをやめるのをやーめたと思いっきり我儘な彼女の姿がそこにありました。

 

そのプリンセスGは変装をやめ、学校から立ち去ろうとしていました。

その様子を見送るミミに対してゴーハじゃなくても音楽は続けられると

彼女自身、いつかロミンとジャムセッションが出来る日を待ち望んでいました。

 

 

 

 

 

というわけで我慢の限界をしていたロミンから心機一転、我儘にいく事を決めたロミンでした。

ロミンの憧れの存在であるプリンセスG、思った以上に物語に絡んできますね。

そして遊我はこれで4敗目です。歴代主人公でもかなり負けていますね。

まあ遊我はラッシュデュエルの創始者という立ち位置なので

「例え創始者であっても負ける事がある」というのはむしろゲームとして健全な姿なのでしょう。

 

ちなみに今回のEDはロミンソロVerです。

ギター音が鳴り響く特別演出もあり絶妙にオンチな歌声と相まってインパクト絶大です。

こういう「わざと音程を外して歌う」って結構難しい事だと思うのですが声優さんすごいですね。

 

スポンサーリンク

次回予告 第41話『蒼月流ヤメルーラ』

今度は蘭世が生徒会と蒼月流をやめると宣言するそうです。

そしてそれならラッシュデュエルで自分を倒せと勝負を申し込む学人、

学人VS蘭世のデュエルみたいですね。

 

蘭世はさぁ・・・

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました