遊戯王OCGカード考察:《ドレミコード・ハルモニア》3つある効果どれも便利でどれも同時に使える!

今回紹介するのはデッキビルドパック エンシェント・ガーディアンズよりこのカードです。

 

カード説明

ドレミコード・ハルモニア
フィールド魔法
①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
「ドレミコード・ハルモニア」の以下の効果はそれぞれ1ターンに1度しか選択できない。
●自分のEXデッキから表側表示の「ドレミコード」Pモンスター1体を手札に加える。
●自分のPゾーンの「ドレミコード」カード1枚を選ぶ。
このターン、そのPスケールをそのカードのレベル分だけ上げる。
●自分フィールドの「ドレミコード」Pモンスターカードの
Pスケールが奇数3種類以上または偶数3種類以上の場合、
相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

wiki

 

【ドレミコード】用のフィールド魔法です。

 

ドドレミコード・キューティアが他のドレミコードの妖精たちも合わせて

演奏を指揮しています。

・・・が、自分の妖精は目を回し、ビューティアの妖精は泣きわめき

ファンシアの妖精はサボタージュしているなどもう皆好き勝手しています。

真面目そうなクーリアの妖精は頭を抱えています。

キューティア本人も完全にパニックに落ちっている表情をしており

とてもハルモニア(調和)が取れているとはいえませんね。

妖精たちを指揮するというのは一筋縄ではいかないようです。

 

スポンサーリンク

EXデッキから回収したり相手のカードを破壊したり

①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
「ドレミコード・ハルモニア」の以下の効果はそれぞれ1ターンに1度しか選択できない。

その効果は3つある効果を1ターンにそれぞれ1回ずつ発動できるというものです。

 

●自分のEXデッキから表側表示の「ドレミコード」Pモンスター1体を手札に加える。

1つ目の効果はエクストラデッキから

表側表示のドレミコードペンデュラムを手札に加えるという回収効果です。

手札に戻せばEXモンスターゾーンやリンク先以外にペンデュラム召喚ができますし

ペンデュラム召喚しにくいドドレミコード・キューティアの再利用にも役立ちます。

 

●自分のPゾーンの「ドレミコード」カード1枚を選ぶ。
このターン、そのPスケールをそのカードのレベル分だけ上げる。

2つ目の効果はペンデュラムゾーンのドレミコード1枚のスケールを

そのターンの間自身のレベル分だけ上昇させるというものです。

ドレミコードはいずれもレベルとスケールの合計が9なので

どのドレミコードペンデュラムに使ってもスケールは9となります。

レベル8のドドレミコード・クーリアをペンデュラム召喚する際に役に立つでしょう。

またペンデュラムスケールが偶数である場合には

それを奇数にして奇数のスケールがある時に発動する効果の条件を満たす際にも使えます。

 

●自分フィールドの「ドレミコード」Pモンスターカードの
Pスケールが奇数3種類以上または偶数3種類以上の場合、
相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

3つ目の効果は自分のモンスターゾーン、ペンデュラムゾーンのドレミコードのスケールが

奇数3種類以上、もしくは偶数3種類以上の場合に

相手のカード1枚を選んで破壊するというものです。

モンスターと魔法罠を問わず破壊でき、更に対象に取らないので

対象耐性を突破できますし相手がチェーンして魔法罠を発動しても別のカードを破壊できると

除去として使いやすい効果です。

用意するカードは別のドレミコードである必要はありますが

最小でPゾーンにセットしたスケール2枚+モンスター1枚で発動できるので

条件を満たすのはそれほど難しくありません。

Pゾーンのスケールがそれぞれ奇数と偶数の場合でも2つ目の効果でもう片方のスケールを9にできるので

あとはもう1種類、奇数のスケールを持つドレミコードをPゾーンに出せば発動できます。

 

スポンサーリンク

維持できればそれだけアドバンテージを確保できる

どの効果も【ドレミコード】にとって要所要所で役立ってくれるありがたい効果です。

1つ1つをとっても便利ですが1ターンに3つの効果それぞれを使えるのが最大のポイントで

上手く行けば毎ターンEXデッキのドレミコードを1枚手札に回収しつつ

相手のカードを破壊できるとアドバンテージ面で非常に優秀です。

できるだけフィールドに維持したい所ですが相手の方も優先的に除去は狙ってくるでしょう。

元々ペンデュラムテーマ故にPゾーンのカードをハーピィの羽根帚などで一掃されやすいので

魔法罠を守るカードも用意しておいていいかもしれません。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました