遊戯王OCGカード考察:《ベアルクティ・ディパーチャー》まあ手札消費を抑えたいなら必須カードです

今回紹介するのはデッキビルドパック エンシェント・ガーディアンズよりこのカードです。

 

カード説明

ベアルクティ・ディパーチャー
通常魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「ベアルクティ」モンスター2体を手札に加える。
②:自分が「ベアルクティ」モンスターの効果を発動するためにモンスターをリリースする場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには使用できない。

wiki

 

【ベアルクティ】用の通常魔法です。

ベアルクティ・ビッグディッパーのカタパルトから

ベアルクティ・ミクタナスとベアルクティ・メガタナスが発進しようとしています。

やはりロボットものと言えば発進シーンは外せませんね。

 

ディパーチャーはいくつかの意味がある言葉ですが

この場合では「出発する」の意味合いだと考えていいでしょう。

 

スポンサーリンク

ベアルクティ2体をサーチしつつコストの代わりに

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「ベアルクティ」モンスター2体を手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、手札を1枚捨てる事で

デッキからベアルクティモンスター2体を手札に加えるサーチ効果です。

墓地肥やしも兼ねたベアルクティ用のサーチ効果であり

状況に応じて各種ベアルクティを手札コストごと確保しつつ

ベアルクティ・ビックディッパー用の墓地コストも同時に確保できます。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分が「ベアルクティ」モンスターの効果を発動するためにモンスターをリリースする場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには使用できない。

②の効果は1ターンに1度、

ベアルクティがモンスターをリリースして効果を発動する場合に

墓地のこのカードを除外する事でそのリリースの代わりになれるというものです。

何かと手札コストが必要なベアルクティにとって手札消耗を抑えられるありがたい効果です。

墓地へ送られたターンには発動できないので手札コストを抑えたい場合には

①の効果を発動した直後はあまり展開しないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

灰流うららには要注意

①の効果でベアルクティ・ビックディッパー用の墓地コストを確保しつつ

②の効果でこのカード自身も手札消費を抑える為のコストになれるという

手札消費の激しくなりがちな【ベアルクティ】にとって非常にありがたいカードです。

ぶっちゃけ【ベアルクティ】にとって必須カードと言ってもよく

このカードがないと手札がカツカツになる事態が多発してしまうでしょう。

ただ手札コストが必要な関係で相手の無効化系の効果、特に灰流うららには要注意です。

とにかくこのカードに無効化を撃たれる事は避けたいので

ベアルクティ-ミクポーラを先に出してそちらに使わせる、みたいな駆け引きも必要になるでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました