遊戯王OCGカード考察:《ゼアル・エントラスト》シンプルにアドバンテージが確保できる便利なカード!

 

カード説明

ゼアル・エントラスト
通常魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の「希望皇ホープ」、「ZW」、「ZS」モンスターの内、
いずれか1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加えるか特殊召喚する。
②:自分のLPが相手より2000以上少ない場合、墓地のこのカードを除外し、
「ゼアル・エントラスト」以外の自分の墓地の「ゼアル」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

wiki

 

希望皇ホープ、及びゼアル・ウェポン用のサポートとなる通常魔法です。

希望皇ホープが皇の鍵の船から勢いよく出陣しています。

ZEXAL本編でも船から希望皇ホープが出陣するシーンがありそれを再現しているのでしょう。

エントラストとは「託す」や「任せる」といった意味合いの言葉であり

アストラルが遊馬に希望皇ホープを託したのを意識しているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

2つの効果で希望皇ホープやゼアルウエポン関連のカードを回収

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の「希望皇ホープ」、「ZW」、「ZS」モンスターの内、
いずれか1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加えるか特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、

墓地の「希望皇ホープ」「ゼアル・ウェポン」「ゼアル・サーバス」のいずれかのモンスターを

手札に加えるか特殊召喚する墓地回収or蘇生効果です。

基本的には蘇生効果の方を使い一部のゼアルウェポンなど手札で効果を発動するカード、

もしくは次のターン以降まで温存しておきたい場合は手札回収の方を選ぶといいでしょう。

希望皇ホープを含むエクシーズも蘇生できますがオーバーレイユニットは付随しません。

それでも装備カードになれるZW-弩級兵装竜王戟ZW-獣王獅子武装

蘇生させる価値が十分にあるでしょう。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分のLPが相手より2000以上少ない場合、墓地のこのカードを除外し、
「ゼアル・エントラスト」以外の自分の墓地の「ゼアル」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

②の効果は1ターンに1度、自分のライフが相手の2000以下の場合に

墓地から除外する事で同名カード以外のゼアルと名の付く魔法罠を

墓地から手札に加える墓地回収効果です。

①の効果と合わせて合計で2枚分のアドバンテージを確保する事が可能であり

ライフコストを支払うエクシーズ・チェンジ・タクティクスを積極的に活用していれば

発動条件も満たしやすいです。

回収できるカードのうちゼアル・アライアンスはそもそも再度発動を狙うのが難しいと思うので

RUM-ゼアル・フォースかゼアル・コンストラクションのどちらかが主な回収対象となるでしょう。

 

ただ墓地へ送られた直後には発動できないので

①の効果でエクシーズを蘇生してRUM-ゼアル・フォースを回収して即ランクアップ、

といった芸当はできません。

 

発動には事前に墓地にカードを用意しておく必要こそあるものの

シンプルにアドバンテージの稼げる優秀なカードです。

特にゼアルウェポンを主軸とするホープデッキであれば

主なエクシーズ素材となるZS-武装賢者ZS-昇華賢者を再利用できるのがありがたく

エクシーズ召喚へスムーズに繋げつつ更なるアドバンテージを稼いでいけます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました