遊戯王ラッシュデュエルカード考察:《トライアングル・リボーン》様々なデッキで活用できる蘇生カード!

今回紹介するのはデッキ改造パック 宿命のパワーデストラクション!!よりこのカードです。

 

カード説明

トライアングル・リボーン
罠カード
【条件】自分の墓地に同じ種族のモンスターが3体以上いる場合、
相手がモンスターを召喚した時に発動できる。
【効果】自分の墓地の同じ種族のモンスター3体を選んでデッキに戻す。
自分フィールドに攻撃表示モンスターがいない場合、
さらに自分の墓地のモンスター(レベル7以下)1体を選んで
自分フィールドに表側表示で特殊召喚できる。

wiki

 

汎用の通常罠です。

鋼機神ミラーイノベイターが光り輝く三角形の上に立っています。

どのような構図のイラストか少し判別し辛いですが

鏡の力を借りて蘇生しているような感じでしょうか。

 

スポンサーリンク

同じ種族3体をデッキに戻して墓地から蘇生

【条件】自分の墓地に同じ種族のモンスターが3体以上いる場合、
相手がモンスターを召喚した時に発動できる。
【効果】自分の墓地の同じ種族のモンスター3体を選んでデッキに戻す。
自分フィールドに攻撃表示モンスターがいない場合、
さらに自分の墓地のモンスター(レベル7以下)1体を選んで
自分フィールドに表側表示で特殊召喚できる。

その効果は墓地に同じ種族のモンスターが3体以上いる状態で

相手がモンスターを召喚した時に

墓地の同じ種族のモンスター3体を選んでデッキに戻すというものです。

この際に自分の場に攻撃表示のモンスターがいなければ

墓地のレベル7以下を自分の場に特殊召喚が可能です。

 

墓地コストさえあればリリース要員なしで最上級モンスターを用意できる優秀な効果ですが

相手ターンでの蘇生になるので基本的な運用法は壁になります。

相手が下級、上級モンスターしか用意できていないのであればそのままでも生き残らせやすいですが

最上級相手に生存させるのであれば他の防御系カードも併用した方がいいでしょう。

レベル7モンスターはレベル8モンスターに単純な打点で負ける事が多いので

そのまま蘇生しても壁役止まりになりやすいです。

 

蘇生の条件は場に攻撃表示のモンスターがいない事なので

守備表示しか用意していないのであれば問題なく蘇生が可能です。

劣勢時にはモンスター2体をセットしておいて相手の展開に合わせて

このカードで3体を蘇生、というのも狙っていっていいでしょう。

また蘇生するモンスターはデッキに戻した種族とは別でもOKです。

例えば獣戦士族メインのデッキで獣戦士族3体をデッキに戻しつつ

レジェンドカードであるデーモンの召喚を蘇生、なんて事をしてもいいわけです。

 

ある程度種族を統一しておりエースモンスターがレベル7であるデッキならば

様々なデッキで活用可能ですが墓地コストが必要な事を考えると

魔法使い族のように他に墓地コストを活用するデッキには不向きでしょうか。

個人的にはレベル7ながら2500という高い攻撃力を誇る連撃竜ミラギアスのいるドラゴン族や

守備力2500の獣翼剛王セイスのある獣族あたりにオススメです。

またレベル6でもレジェンドカードであるデーモンの召喚や人造人間サイコ・ショッカーなどは

有力な蘇生候補となるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました