遊戯王OCGカード考察:《ダンマリ@(アット)イグニスター》ジ・アライバル・サイバースを出す価値が高まりました

今回紹介するのはLIGHTNING OVERDRIVE(ライトニング・オーバードライブ)よりこのカードです。

 

カード説明

ダンマリ@イグニスター
効果モンスター
星6/闇属性/サイバース族/攻2300/守 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の「@イグニスター」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、その攻撃を無効にする。
②:自分フィールドにリンク6モンスターが存在する場合、
フィールド・墓地のこのカードを除外し、
相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

wiki

 

闇属性サイバース族のレベル6モンスターです。

板のようなパーツが左右に6つついた@イグニスターです。

この姿はAiが相手を捕食する時の状態に非常によく似ており

これがモチーフとなっているのでしょう。

 

スポンサーリンク

手札から特殊召喚しつつ攻撃を無効に

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の「@イグニスター」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、その攻撃を無効にする。
①のの効果は1ターンに1度、@イグニスターが戦闘する攻撃宣言時に
自身を手札から特殊召喚しつつその攻撃を無効にする自己展開、攻撃抑制効果です。
【@イグニスター】のエース級モンスターは基本的に攻撃力が2300であり
ある程度攻撃力の高い相手だと戦闘破壊されてしまうためそれを防ぐために使えます。
自身も攻撃力が2300ある為に一定の壁としても使えるでしょう。
基本的には相手の攻撃を防ぐ目的で特殊召喚する為に使うのがメインとなりますが
場合によっては展開目的で自分の攻撃を止めたり
2300打点のこのカードに代わりに攻撃させたりも可能です。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドにリンク6モンスターが存在する場合、
フィールド・墓地のこのカードを除外し、
相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

②の効果は1ターンに1度、自分の場にリンク6のモンスターが存在している場合に

場か墓地から自身を除外する事で

相手の表側表示のカード1枚を無効にできるというものです。

現在リンク6のモンスターはジ・アライバル・サイバース@イグニスターのみなので

実質的に専用サポート効果となります。

フリーチェーンで相手の各種カード効果を無効にすることが可能であり

ジ・アライバル・サイバース@イグニスターがいる時の制圧力をより高めてくれるでしょう。

 

スポンサーリンク

ジ・アライバル・サイバースがより活用しやすく

全体的にジ・アライバル・サイバース@イグニスターのサポートを意識したカードで

仮に攻撃力で上回られる場合であっても①の効果で1度は攻撃を回避する事が可能です。

その上で②の効果で相手の妨害が出来るので無駄がないカードです。

ジ・アライバル・サイバース@イグニスター以外でも

①の効果で相手の攻撃を防ぐのは何かと役に立ってくれるでしょう。

 

また攻撃力が2300なのもポイントで

ユウ-Ai-がある時に特殊召喚する事でトークンを生成する事が可能です。

特にリンク召喚に繋げたい場合には自分から攻撃を仕掛けてそれを無効にして

トークンを生成するのもいいでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました