遊戯王OCGカード考察:《S-Force(セキュリティ・フォース) ドッグ・タッグ》相手が出てきたら即座その正面に立つ!

今回紹介するのはLIGHTNING OVERDRIVE(ライトニング・オーバードライブ)よりこのカードです。」

 

カード説明

 

S-Force ドッグ・タッグ
効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻1600/守2100
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「S-Force」モンスターが存在し、
相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分メインフェイズ中に、
自分の「S-Force」モンスターの正面の相手モンスターは効果を発動できない。

wiki

 

【セキュリティ・フォース】の新しい仲間となる光属性機械族のレベル5モンスターです。

 

黒いメタリックなボディが格好いいオルトロスを思わせる二つの頭を持つ犬型ロボットです。

セキュリティ・フォースにおける警察犬的な存在なのでしょう。

カード名はドッグのタッグという分かりやすいものですが

同時に個人識別票を現す「ドッグタグ」ともかけられていると思われます。

 

スポンサーリンク

相手がモンスターを出した時に手札から参上

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「S-Force」モンスターが存在し、
相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、自分の場にセキュリティ・フォースモンスターがいる状態で

相手がモンスターを召喚や特殊召喚した場合に

手札から自身を特殊召喚する自己展開効果です。

場のモンスターが多ければ多いほど効果を発揮する【セキュリティ・フォース】にとって

自己展開できる意味は大きく、さらに相手の展開に合わせて

その正面に被せるように特殊召喚できるのは非常にありがたいです。

 

②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分メインフェイズ中に、
自分の「S-Force」モンスターの正面の相手モンスターは効果を発動できない。

②の効果は自身のモンスターゾーンに存在している間、

セキュリティ・フォースの正面の相手モンスターは

自分メインフェイズ中の間は効果発動が出来ないというロック効果です。

封じられるのが自分ターンのみの為、

フリーチェーンで発動できるモンスターの効果を封じるのが主な用途となってくるでしょう。

昨今ではフリーチェーンで発動する効果を持つモンスターは結構いますし

こちらのアクションに反応して発動するタイプの効果も封じられるので

機能する場面は結構あるでしょう。

ただ発動タイミングの関係で①の効果で特殊召喚するのは相手ターンが主となる為

特殊召喚してすぐに効果を適用するのは難しいです。

 

スポンサーリンク

セキュリティ・フォースと非常に噛み合った効果

前述したように正面の相手にロックを仕掛ける【セキュリティ・フォース】にとって

相手の展開に合わせてその正面に特殊召喚出来るこのカードの性質は非常に噛み合っています。

特殊召喚条件自体も非常に緩くフィールドに並べれば並べるほど

ロック性能が強力になっていくセキュリティ・フォースにとってはその点も強力です。

 

守備力が2100と下級モンスター相手であれば簡単に戦闘破壊されない数値なのもポイントです。

S-Force プラ=ティナと合わせればより場に維持させやすくなるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました