遊戯王OCGカード考察:《海造賊(プランドロール)-黒翼の水先人》プランドロールの展開力もアド確保能力もアップ!

今回紹介するのはLIGHTNING OVERDRIVE(ライトニング・オーバードライブ)よりこのカードです。

 

カード説明

海造賊-黒翼の水先人
効果モンスター
星4/水属性/悪魔族/攻1000/守1000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:「海造賊-黒翼の水先人」以外の
自分の墓地の「海造賊」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターを手札に加える。
このターン、自分は「海造賊」モンスターしか特殊召喚できない。
②:このカードが手札・モンスターゾーンから墓地へ送られた場合、
自分の魔法&罠ゾーンの「海造賊」モンスターカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを守備表示で特殊召喚する。

wiki

 

【プランドロール】の新規となる水属性悪魔族のレベル4モンスターです。

 

船団の前方で金色の装飾をあしらったカラスが先陣を切っています。

 

海造賊-キャプテン黒髭の肩にこのカラスが乗っている姿が描かれており

キャプテンの愛鳥的なポジションなのでしょう。

 

水先人とは湾港や海峡などで船長を補助し通航を安全、効率的に行うための専門家の事です。

簡単に言えば海における交通整理、交通案内のプロです。

日本では「水先案内人」という呼び方の方が広く知れ渡っており

本来の意味よりも先導をする人全般を指す言葉として言葉自体は知っている人は多いでしょう。

 

このカラスもまた先陣を切って最適な航行ルートを他のメンバーに教えているのでしょう。

 

スポンサーリンク

墓地の仲間を回収しつつ特殊召喚

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:「海造賊-黒翼の水先人」以外の
自分の墓地の「海造賊」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターを手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、

墓地の海造賊を手札に加えつつ自身を手札から特殊召喚できます。

自己展開と墓地のカード回収がセットになったという超お得効果であり

召喚権が残っているのでそのまま手札から回収した海造賊を召喚すれば

エクシーズ召喚なりリンク召喚なりに繋げられます。

 

このターン、自分は「海造賊」モンスターしか特殊召喚できない。

デメリットとして効果を発動したターンは

海造賊しか特殊召喚出来ない制約が発動します。

【ブランドロール】に他のモンスターを出張させる場合には注意しましょう。

デメリットが共通する海造賊-金髪の訓練生海造賊-白髭の機関士とは相性がいいです。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが手札・モンスターゾーンから墓地へ送られた場合、
自分の魔法&罠ゾーンの「海造賊」モンスターカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを守備表示で特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、手札かモンスターゾーンから墓地へ送られた場合に

魔法罠ゾーンの海造賊1体を守備表示で特殊召喚するというものです。

多くのメインデッキのブランドロールが持つ墓地へ送られた時の効果であり

装備カードになっているブランドロールがいればそれを場に出せます。

海造賊-キャプテン黒髭のリンク素材にする事でこの効果を発動すれば

特殊召喚したプランドロールをそのままキャプテン黒髭の効果でEXデッキの海造賊に繋げられます。

 

プランドロールの展開力を補強する効果ですが

有効に活用するには既にプランドロールを装備しているEXデッキの海造賊を用意した上で

改めてこのカードと一緒にリンク素材やシンクロ素材になるプランドロールを並べる必要があります。

①の効果も活用して大量展開できる状況を作っていきましょう。

 

スポンサーリンク

①の効果がとにかく便利

特に①の効果が非常に便利であらかじめ墓地に回収用のプランドロールを用意しておく必要があるものの

召喚権なしで展開できる上にアドバンテージも確保できます。

墓地へ回収した海造賊はそのまま召喚して一緒に各種素材になってもいいですし

海造賊-金髪の訓練生を蘇生する為のコストにしてもいいと非常に優秀です。

 

例えばこのカードで海造賊-白髭の機関士を墓地から回収して

それをコストにして海造賊-金髪の訓練生を蘇生すれば

さらに海造賊-白髭の機関士の効果でデッキから他の海造賊を特殊召喚、

フィールドに3体の海造賊が召喚権なしで、手札1枚だけで並ぶ事になります。

このように【プランドロール】にとってアドバンテージ、展開力面の両方で

大きく貢献してくれる存在です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました