遊戯王OCGカード考察:《絶対なる幻神獣》蘇生するより元から場にいる状態で発動狙った方が不意を突けるかも

今回紹介するのはPRISMATIC GOD BOX(プリズマティックゴッドボックス)よりこのカードです。

 

カード説明

絶対なる幻神獣
永続罠
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手モンスターの攻撃宣言時に、手札から魔法・罠カード1枚を捨て、
自分の墓地の幻神獣族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
その後、攻撃対象をそのモンスターに移し替える。
②:自分フィールドに幻神獣族モンスターが存在する場合、
エンドフェイズに発動できる。
このターンにフィールドで効果を発動した、
相手フィールドの表側表示のカードを全て破壊する。

wiki

 

幻神獣族、つまり三幻神用のサポートとなる永続罠です。

オシリスの天空竜が六芒星の呪縛を打ち破っています。

闇遊戯戦でマリクが使用したオシリスの天空竜が神の耐性を表現するシーンの再現ですね。

 

スポンサーリンク

効果を発動したカードを全て破壊

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手モンスターの攻撃宣言時に、手札から魔法・罠カード1枚を捨て、
自分の墓地の幻神獣族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
その後、攻撃対象をそのモンスターに移し替える。

①の効果は1ターンに1度、相手の攻撃宣言時に

手札から魔法罠1枚を捨てる事で墓地の幻神獣族1体を守備表示で特殊召喚、

その後攻撃対象をそのモンスターに移し替えるというものです。

特にオベリスクの巨神兵と相性のいい効果で

守備表示なので相手モンスターを戦闘破壊こそできないものの

守備力4000で迎撃すれば十分な戦闘ダメージを与えられるでしょう。

勿論単純に他のモンスターを戦闘から身を守る際にも使えます。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドに幻神獣族モンスターが存在する場合、
エンドフェイズに発動できる。
このターンにフィールドで効果を発動した、
相手フィールドの表側表示のカードを全て破壊する。

②の効果は1ターンに1度、幻神獣族がいる場合のエンドフェイズに

このターン中にフィールドで効果発動した相手カードを全て破壊するというものです。

多くのモンスターは場に出ていたら何かしらの効果を発動している場合が多いので

エンドフェイズにそれらのモンスターを破壊する事が可能です。

相手がフィールド魔法や永続魔法を使っていればそれの破壊も狙えます。

とはいえエンドフェイズまでに三幻神かこのカードを除去されると狙えないので

発動を狙うのであれば何かしら守る手段も別途用意した方が安定するでしょう。

とはいえ①の効果で三幻神を蘇生した場合元々エンドフェイズで自壊するので

それにわざわざ除去を撃たせられるなら十分と割り切る事も出来ます。

 

いっそ不意打ちで効果発動狙う?

①の効果で蘇生を狙うにも手札コストは必要だしすぐに自壊してするしで中々使いどころが難しいです。

むしろ他の手段であらかじめ神のカードを場に出しておいて

相手エンドフェイズ時におもむろにこのカードを発動、

②の効果で破壊を狙うといった使い方のがメインになってくると思われます。

また②の効果は幻神獣族さえ場に出ていればいいので

DNA改造手術あたりで種族を変更してしまえば

好きなモンスターを場に残しておくだけで破壊効果を発動する事も可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました