遊戯王ラッシュカード考察:《獣翼剛王(じゅうよくごうおう)セイス》邪魔な魔法罠をどかしたい場合にも使えます

今回紹介するのはデッキ改造パック 幻撃のミラージュインパクト!!よりこのカードです。

 

カード説明

獣翼剛王セイス
効果モンスター
星7/風属性/獣族/攻1900/守2500
【条件】[相手フィールドの表側表示モンスターの数]と
[自分フィールドの魔法・罠カードの数]が同じ場合、
自分フィールドの魔法・罠カードを3枚まで墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの表側表示モンスター1体を選び、
その攻撃力・守備力をターン終了時まで、
[この効果の条件で墓地へ送ったカードの数]×1000ダウンする。

wiki

 

風属性獣族のレベル7モンスターです。

ミラージュインパクトのCMにおいて遊我の新たなエースと説明されています。

 

 

光る翼を持った真っ青な麒麟のような姿をしたモンスターです。

全身から光を発しており実に輝きに満ちたモンスターです。

カード名は中国の兵法書「三略」に書かれた言葉の1つ「柔よく剛を制す」からでしょう。

柔軟性は堅牢なものに勝つことができるという意味で柔道でよく使われる言葉でもあります。

 

スポンサーリンク

場の魔法罠を墓地へ送って相手モンスターを弱体化

【条件】[相手フィールドの表側表示モンスターの数]と
[自分フィールドの魔法・罠カードの数]が同じ場合、
自分フィールドの魔法・罠カードを3枚まで墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの表側表示モンスター1体を選び、
その攻撃力・守備力をターン終了時まで、
[この効果の条件で墓地へ送ったカードの数]×1000ダウンする。

その効果は1ターンに1度、相手の場のモンスターの数と

自分の場の魔法罠の数が同じ場合に自分の場の魔法罠を3枚まで墓地へ送る事で

相手モンスター1体の攻撃力しゅびりょくをそのターンの間

墓地へ送ったカードの数×1000だけアップさせるというものです。

発動を狙うには上手くフィールドのカードを調整する必要がありますが

魔法罠が手元にあるならそれを相手モンスターの数に合わせて伏せればOKです。

とはいえこのカードをアドバンス召喚した上で魔法罠も確保しておくのは

中々都合よく手札が揃わないケースが多いでしょう。

ビースト・サモナーの効果でリリースなしで手札から特殊召喚したり

1枚はあらかじめ伏せておくなどして手札に余裕を持たせるようにするのがいいです。

 

攻撃力守備力の減少値そのものはかなり高く1枚墓地へ送るだけでも

2900打点までこのカード単体で突破可能です。

2枚を墓地へおくればレジェンドカードである青眼の白龍も突破可能と

相手の場のモンスターに合わせて墓地へ送る枚数を調整していく事ができます。

 

また「前ターンにとりあえず伏せておいたけど結局使い道のない魔法罠」を

魔法罠ゾーンからどかしたい場合にも使えます。

これをする事で新しく魔法罠をセットするスペースを確保可能であり

手札を余らせるケースを減らす事ができます。

 

 

コメント

  1. 匿名 より:

    これ、スパークハーツガールと相性が良いのでは?
    火の粉と火の粉のカーテンを持ってこれるので、手札消費が非常に少なく済む上、火の粉をコストにすることで、使いたい魔法や罠を温存出来るため。

  2. 匿名 より:

    相性は良いけど、結局竜魔にした方が強そう

タイトルとURLをコピーしました