遊戯王OCGカード考察:《鎧竜の聖騎士(ナイト・オブ・アーマードラゴン)》単体でも普通に優秀!

今回紹介するのはBLAZING VORTEXよりこのカードです。

 

カード説明

鎧竜の聖騎士
儀式・効果モンスター
星4/風属性/ドラゴン族/攻1900/守1200
「鎧竜降臨」により降臨。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:EXデッキから特殊召喚されたモンスターと
このカードが戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。
②:このカードをリリースして発動できる。
手札・デッキからレベル5以上のドラゴン族・風属性モンスター1体を特殊召喚する。

wiki

 

風属性ドラゴン族のレベル4儀式モンスターです。

様々なドラゴンをサポートする聖騎士儀式モンスターのアームド・ドラゴン版です。

 

小型のアームド・ドラゴンに似た竜に乗る銀の鎧の竜騎士です。

鎧竜の聖騎士というだけあって騎士の方も実に完全装備って感じです。

 

スポンサーリンク

EXデッキのモンスターに対するデッキバウンス

「鎧竜降臨」により降臨。

対応する儀式魔法は鎧竜降臨です。

儀式の下準備に対応している他、あちらの効果で1度だけ墓地からの蘇生もできるので

儀式モンスターの中でもかなり取り回しやすい性能になっています。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:EXデッキから特殊召喚されたモンスターと
このカードが戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。

①の効果は1ターンに1度、エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターと

戦闘行うダメージステップ開始時に

そのEXデッキからのモンスターを持ち主のデッキに戻すデッキバウンス効果です。

戦闘を介する必要こそありますが対象に取らないデッキバウンスという強力な除去であり

元々の攻撃力も1900と下級アタッカーラインに存在している為

EXデッキに強く依存している相手は戦闘で対処するのが非常に難しいです。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードをリリースして発動できる。
手札・デッキからレベル5以上のドラゴン族・風属性モンスター1体を特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、自身をリリースする事で

手札かデッキからレベル5以上の風属性ドラゴン族を特殊召喚できるというものです。

アームド・ドラゴン・サンダー LV10はアームド・ドラゴンの効果で特殊召喚しないと効果を発動できず

普通のアームド・ドラゴンは特殊召喚モンスターなので

アームド・ドラゴン・サンダー LV7を特殊召喚していくのが基本となるでしょう。

またアームド・ドラゴンに限らずレベル5以上の風属性ドラゴン族全般を特殊召喚可能と

対応範囲が中々に幅広いです。

 

スポンサーリンク

アームド・ドラゴン以外にも

アームド・ドラゴン・サンダーのサポートを想定して作られたカードだと思われますが

①の効果がEXデッキのモンスター全般に対して強力で

EXデッキを活用する相手全般に対してこのカード単体でも十分な活躍が可能です。

相手次第では②の効果に繋げずにそのまま場に居座る判断をしてもいいでしょう。

 

また②の効果もアームド・ドラゴン・サンダーの他にも

ドラグニティアームズ-レヴァテインやドラグニティアームズ-グラム、

星遺物の守護竜メロダークなどの特殊召喚にも対応しています。

これらのモンスターを活用するデッキで儀式召喚のギミックが組み込めるのであれば

採用してみるのも面白いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました